Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

シェア
コメント
Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラス予選が行なわれ、サム・ロウズがポールポジションを獲得。長島哲太は9番手となった。

 ミサノ・サーキットでMotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラス予選が行われ、サム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)がポールポジションを獲得した。

 Moto2クラス唯一の日本人である長島哲太(Red Bull KTM Ajo)はFP1〜FP3で総合5番手をマークし、予選Q2への直接進出を決定した。

 なお彼のチームメイトでタイトル候補とみなされていたホルヘ・マルティンは、グランプリを前に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が検出。自己隔離措置によってレースを欠場することとなった。

 予選Q1序盤はファビオ・ディ・ギャナントニオ(+EGO Speed Up)を筆頭に、ヘクトル・ガルソ(Flexbox HP 40)、ジョー・ロバーツ(Tennor American Racing)、マルコス・ラミレス(Tennor American Racing)がQ2圏内につけた。

 この並びのまま、Q1はセッション半分を消化。ターン11ではニッコロ・ブレガ(Federal Oil Gresini Moto2)がハイサイドを起こして転倒してしまった。

 コース上では自己ベストを更新するライダーは現れるものの、結局トップ4に食い込めるタイムは記録されず、ディ・ギャナントニオ、ガルソ、ロバーツ、ラミレスの4名がQ2に進んだ。

 Q2のアタックでまず速さを見せたのはQ1から上がってきたガルソ。1分37秒328でトップタイムとした。ただ、その後マルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)が1分37秒267でそれを上回った。

 計測3周目になるとさらにタイム更新が続出。ベッツェッキも自己ベストを更新していくが、それでもサム・ロウズに1分36秒666でトップタイムを更新されてしまった。

 ロウズはその後レコードタイムを大きく更新する1分36秒170を叩き出し、2番手に続くベッツェッキ以下に差をつけた。

 そのベッツェッキは残り6分を切った頃にターン6でクラッシュを喫してしまった。なんとかマシンは再始動され、ベッツェッキは自走でピットへと戻った。

 中盤まではなかなかポジションを上げられていなかった長島だが、残り3分になって7番手にまで浮上してきた。

 そしてチェッカーが振られた後の最後のアタックでは、レミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)がタイムを大きく更新、それぞれ2番手と3番手に割って入った。

 結局ロウズが最後までトップタイムを守りきり、ポールポジションを獲得。2番手にはガードナー、3番手にはマリーニが並んだ。

 長島哲太は最後のアタックでタイムを縮めることができず、9番手タイムで予選を終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom サム ロウズ 9 1'36.170     158.269
2 Australia レミー ガードナー 8 1'36.424 0.254 0.254 157.852
3 Italy ルカ マリーニ 9 1'36.496 0.326 0.072 157.735
4 Italy マルコ ベッツェッキ 5 1'36.541 0.371 0.045 157.661
5 Italy エネア バスティアニーニ 8 1'36.614 0.444 0.073 157.542
6 Spain シャビ ビエルへ 8 1'36.663 0.493 0.049 157.462

Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ

前の記事

Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ

次の記事

Moto2サンマリノ決勝:ルカ・マリーニ、地元に錦飾る今季2勝目。VR46がワンツー

Moto2サンマリノ決勝:ルカ・マリーニ、地元に錦飾る今季2勝目。VR46がワンツー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2
イベント サンマリノGP