F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ

Moto2サンマリノ決勝:ルカ・マリーニ、地元に錦飾る今季2勝目。VR46がワンツー

シェア
コメント
Moto2サンマリノ決勝:ルカ・マリーニ、地元に錦飾る今季2勝目。VR46がワンツー

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラスでは、SKY Racing Team VR46のルカ・マリーニが今季2勝目を挙げた。

 ミサノ・サーキットでMotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれ、SKY Racing Team VR46のルカ・マリーニが今季2勝目を挙げた。

 今回の決勝レースでは、スターティンググリッドに変更があった。まず予選でトップタイムを記録したサム・ロウズ(EG 0,0 Marc VDS)が、前戦スティリアGPで受けたペナルティによってピットレーンからのスタートとなっている。

 更に朝のウォームアップセッションではレミー・ガードナー(Onexox TKKR SAG Team)が激しいハイサイドによる転倒を喫したことで、繰り上がりでポールポジションスタートとなっていた決勝レースを欠場することになった。

 結果として更に繰り上がりが発生し、ポールポジションはルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)、2番手3番手にはマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)、エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)の地元イタリア人トリオが並ぶこととなった。

 25周の決勝がスタートされると、ポールポジションのマリーニが良い加速を見せてホールショットを奪取。順当にベッツェッキとバスティアニーニが続いた。一方で7番手スタートの長島哲太(Red Bull KTM Ajo)はスタートで12番手にポジションを落としてしまった。

 マリーニとベッツェッキがオープニングラップを先行していくが、3番手のバスティアニーニはマルセル・シュロッター(Liqui Moly Intact GP)からチャージを受けると追い抜きを許してしまう。また彼らがバトルをしている間に、先頭2台にリードを許す形となってしまった。

 3周を終えると、トップ2台は既に3番手に1秒の差を築いており、なんとか3番手を取り戻したバスティアニーニがそれを追った。

 先頭のマリーニはペースが良く、2番手ベッツェッキに対しても徐々にギャップを広げつつあった。

 3番手を走るバスティアニーニも4番手以下には1秒以上のギャップを確立しており、レースは上位陣が単独走行でタイムを刻む展開が続いた。

 トップを走るマリーニと2番手ベッツェッキの差は、10周を消化すると1秒以上に拡大。独走体制を築きにかかった。長島はこの時点でふたつポジションをあげ、更に前車に転倒があり9番手となった。

 マリーニ、ベッツェッキ、バスティアニーニ、ジャビ・ビエルへ(Petronas Sprinta Racing)のトップ4はそれぞれが1〜1.4秒ほどの間隔で続き、なかなか差が縮まらない。

 ただベッツェッキとバスティアニーニは残り10周というタイミングでペースを上げはじめ、マリーニ、ベッツェッキ、バスティアニーニの間隔は1秒を切ってきた。

 しかしマリーニもギャップが縮まるとペースアップ。ベッツェッキと付かず離れずで差のキープに取り掛かった。また3番手バスティアニーニは17周目のターン8でフロントのグリップを失いかける失敗があり、大きく後退した。

 しかし18周目、先頭を行くマリーニはターン14で止まりきれずワイドに膨らんでしまう。そこでベッツェッキがマリーニを追い抜き、トップが入れ替わった。

 ベッツェッキとマリーニはテールトゥノーズのままラップを重ね、残りは5周に。そしてターン8でマリーニがインから仕掛けて一瞬先頭を奪うが、クロスラインでベッツェッキがトップを奪い返した。

 マリーニは更にオーバーテイクを仕掛け、残り4周のターン2でトップを奪取。ベッツェッキ、バスティアニーニが0.5秒ほどのギャップでラスト2周となった。

 マリーニはそのまま先頭で逃げを打ち、トップでチェッカー。地元戦で今季2勝目を挙げた。

 2位はベッツェッキ。ラストラップにバスティアニーニから猛チャージを受けたがなんとか凌ぎきり、SKY Racing Team VR46がワンツーフィニッシュを決めた。3位は最後の最後までチャージをかけたバスティアニーニとなった。

 長島は残念ながら最終ラップで転倒。ノーポイントでレースを終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy ルカ マリーニ 25         25
2 Italy マルコ ベッツェッキ 25 0.799       20
3 Italy エネア バスティアニーニ 25 0.897       16
4 Spain シャビ ビエルへ 25 2.177       13
5 Spain アウグスト フェルナンデス 25 8.307       11
6 Switzerland トーマス ルティ 25 9.046       10

Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

前の記事

Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

次の記事

Moto2エミリア・ロマーニャ予選:好調VR46、マリーニがPP獲得。長島は13番手

Moto2エミリア・ロマーニャ予選:好調VR46、マリーニがPP獲得。長島は13番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto2
イベント サンマリノGP