【MotoGP】ティト・ラバトのMoto2チャンピオンバイクが盗難の被害に

ティト・ラバトが、2014年のMoto2タイトルを獲得した際のバイクが、マルクVDSチームの敷地内から盗まれてしまったという。

 ティト・ラバトが所属するマルクVDSチームは、ベルギーのゴスリに拠点を置いているが、水曜日の午前2時にその拠点が盗難に遭ったという。

 その際、ラバトが2014年のMoto2王者を獲得した時のバイクが盗まれてしまった。受付付近に置いてあったラバトのバイク以外に、目立った被害はなかったようだ。チームによると犯行は4人グループで行われたという。

 ラバトは2014年シーズンに7勝を挙げ、チームメイトだったミカ・カリオに57ポイント差をつけて王者に輝いた。翌年はタイトル連覇に失敗したものの、2016年からMotoGPに昇格している。

 チームはバイクを取り戻すことにつながる、あらゆる情報の提供を呼びかけている。

 ラバト本人も、ツイッターに『僕とチームにとって大きな意味を持つバイクを取り戻すために助けて。何か情報を持っている人は、チームに連絡して欲しい』と投稿している。

 

【関連ニュース】

ワークス加入熱望のザルコ「ヤマハの2台を倒すのが”僕の道”」

【MotoGPコラム】選手育成に取り組む、青山博一の”指導者”としての顔

ドヴィツィオーゾ「年間優勝を狙うのに改善すべき事がある」

【インディ500】ディクソン、ファーストフード店で拳銃強盗に襲われる

【NASCAR】尾形明紀、約940万円相当のトレーラー等を盗まれる

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
ドライバー ティト ラバト
記事タイプ 速報ニュース