Moto2イタリア決勝:0.014秒差の決着! ガードナー優勝もぎとる。小椋藍追い上げ6位に

MotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれた。優勝はレミー・ガードナー。小椋藍は6位となった。

Moto2イタリア決勝:0.014秒差の決着! ガードナー優勝もぎとる。小椋藍追い上げ6位に

 2021年のMotoGP第6戦イタリアGPのMoto2クラス決勝レースが行なわれた。優勝はレミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo)となった。

 ムジェロ・サーキットを舞台に行なわれているイタリアGPは、快晴のもとで開幕。決勝は気温22℃、路面温度39℃というコンディションで開始された。

 予選ではルーキーのラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がPPを獲得。全21周のレースが始まると、フェルナンデスは絶好の蹴り出しを見せてホールショットを奪って先行した。オープニングラップを終えて2番手以下にはガードナー、トニー・アルボリーノ(Liqui Moly Intact GP)、サム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)と予選上位のライダーが続いた。

 先頭を行くフェルナンデスはペースアップ。ガードナーと3番手に上がったロウズを引き離していき、レース3分の1が消化される頃には2番手に約1秒の差をつけた。

 2番手争いがしばらくの間展開されていたが、12周目にはロウズがガードナーをオーバーテイク。そこからは先頭フェルナンデスの追い上げを開始した。 

 だがロウズは、残り6周で約0.8秒差と追い抜きの可能性も見えてきたタイミングで転倒。今季3度目のノーポイントという痛い結果に終わった。

 これでフェルナンデスは楽々と逃げ切る……という展開も予想された。しかしそこからガードナーの見せた追い上げによって、終盤は一気に予断を許さないテールトゥノーズの戦いとなった。

 ガードナーはフェルナンデスへのチャージを続けると、最終ラップのターン10でついにオーバーテイク。そのまま先頭で最終コーナーを立ち上がり、なんとか抑えきってトップチェッカーを受けて、今季初優勝を果たした。

 2位はフェルナンデス。最後のホームストレートでスリップストリームを利用して追いすがったが、0.014秒差とわずかに届かなかった。3位はジョー・ロバーツ(Italtrans Racing Team)。ロバーツは4番手でのフィニッシュだったが、3番手のマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)にトラックリミット違反があり、繰り上がりで表彰台となった。

 日本人ライダーの小椋藍は、決勝を12番手からスタート。最終的に6位にまでポジションを上げてフィニッシュした。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Australia レミー ガードナー 21 -       25
2 Spain ラウル フェルナンデス 21 0.014 0.014 0.014   20
3 Italy マルコ ベッツェッキ 21 8.021 8.021 8.007   16
4 United States Joe Roberts 21 8.004 8.004     13
5 Germany マルセル シュロッター 21 12.343 12.343 4.339   11
6 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 21 23.170 23.170 10.827   10
7 Italy トニー アルボリーノ 21 23.764 23.764 0.594   9
8 United States Cameron Beaubier 21 34.825 34.825 11.061   8
9 Malaysia ハフィス シャーリン 21 34.849 34.849 0.024   7
10 Italy Stefano Manzi 21 34.965 34.965 0.116   6

シェア
コメント
Moto2イタリア予選:フェルナンデスが2戦連続のPP獲得。小椋藍はQ2進出12番手
前の記事

Moto2イタリア予選:フェルナンデスが2戦連続のPP獲得。小椋藍はQ2進出12番手

次の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み
コメントを読み込む