Moto2マレーシア:マリーニ初優勝にロッシも祝福。バニャイヤ王者に

シェア
コメント
Moto2マレーシア:マリーニ初優勝にロッシも祝福。バニャイヤ王者に
Rachit Thukral
執筆: Rachit Thukral
2018/11/04 4:50

マレーシアGPのMoto2クラス決勝は、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が初優勝。チームメイトのフランチェスコ・バニャイヤが王者に輝いた。

 MotoGP第18戦マレーシアGPのMoto2クラス決勝は、ルカ・マリーニ(SKY Racing Team VR46)が世界選手権初優勝を記録。そのチームメイトでポイントリーダーのフランチェスコ・バニャイヤは3位でフィニッシュし、Moto2クラスのチャンピオンを獲得した。

 ランキング2位のミゲル・オリベイラ(Red Bull KTM Ajo)に対し36ポイントのリードを持ってマレーシアに乗り込んだバニャイヤは、スタートで6番手から一気に2番手までポジションを上げた。それに負けまいとオリベイラもバニャイヤに続き、7番手スタートから3番手につけた。

 レースはフロントロウの2番手からスタートしたマリーニが引っ張る展開となり、順調に後続を引き離していく。上位にオーダーの変化が少ないレースとなったが、7周目の4コーナーでオリベイラがバニャイヤの攻略に成功。逆転チャンピオンを目指し、トップのマリーニを追った。

 マリーニは13周目の1コーナーでオーバーランし、そのリードを吐き出したものの、なんとかトップをキープ。そのまま逃げ切り、トップでチェッカーを受けた。

 マリーニにとっては、世界選手権での初優勝。クールダウンラップで喜びを爆発させるマリーニに異父兄のバレンティーノ・ロッシも駆けつけ祝福していた。

 オリベイラは2位でフィニッシュ。バニャイヤが3位でレースを終えたため、両者のポイント差は32ポイントとなり、最終戦を残してバニャイヤのチャンピオン獲得が決まった。

 長島哲太(IDEMITSU Honda Team Asia)は、12周目の最終コーナーで転倒を喫し、リタイアとなった。

【リザルト】MotoGP第18戦マレーシアGP:Moto2決勝

次の記事
マレーシアGP、スコール対策で決勝2時間前倒し。MotoGPは14時から

前の記事

マレーシアGP、スコール対策で決勝2時間前倒し。MotoGPは14時から

次の記事

Moto2王者バニャイヤ、今年の最高峰クラス昇格を断っていたと明かす

Moto2王者バニャイヤ、今年の最高峰クラス昇格を断っていたと明かす
Load comments

この記事について

シリーズ Moto2
イベント セパン
ドライバー フランチェスコ バニャイヤ
チーム Team VR46
執筆者 Rachit Thukral
記事タイプ レースレポート