ヤマハ・VR46・マスター・キャンプがMoto2参戦へ。来季Moto2&Moto3参戦チームが公表

FIMは9月23日に、2022年のMotoGPのMoto2クラスとMoto3クラスへ参戦するチームリストを発表。各クラス1チーム2名を起用する15チームが承認を受けたが、Moto2クラスにはヤマハが参戦することになっている点が注目される。

ヤマハ・VR46・マスター・キャンプがMoto2参戦へ。来季Moto2&Moto3参戦チームが公表

 9月23日、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)はロードレース世界選手権の2022年シーズンに、Moto2クラスとMoto3クラスへ参戦する各15チームを発表。Moto2クラスには新たにヤマハのチームが参戦することが明らかとなった。

 MotoGP第14戦サンマリノGPの際、ヤマハMotoGPのマネージングディレクターであるリン・ジャービスは、motorsport.comの取材に対し『ああ、可能性としてはある。我々はマスター・キャンプにMoto2での存在感を与えたいと思っている』と語っており、若手ライダーの育成ステップとしてMoto2クラスに参入する可能性があると認めていた。

 これはMoto2クラスにおけるKTMとホンダの取り組みに、ヤマハも追随するということだ。KTMはMoto2クラスにAjo Motorsportと共同で参戦しており、ホンダもチーム・アジアとして若手育成チームを送り込んでいる。

 今回、エントリーが確認されたチーム名はYamaha VR46 Master Camp。ヤマハはかねてより、バレンティーノ・ロッシが主催するVR46アカデミーと提携し、”ヤマハ・VR46・マスター・キャンプ”という若手ライダーの育成支援プログラムを開催してきた経緯がある。

 なおVR46に関しては、マスターキャンプ以外に自チームも継続参戦。ARAMCO VR46 TEAMとしてエントリーされている。アラムコはVR46のMotoGPチームのメインスポンサーに就くとされているものの具体的な発表がなく、実現性については疑問の声が囁かれているが、Moto2クラスのエントリー名を見るに両者の関係は維持されているようだ。

Read Also:

Moto2クラス

AMERICAN RACING
ASPAR TEAM
ARAMCO VR46 TEAM
ELF MARC VDS RACING TEAM
FLEXBOX HP40
IDEMITSU HONDA TEAM ASIA
ITALTRANS RACING TEAM
LIQUI MOLY INTACT GP
MV AGUSTA FORWARD RACING
NTS RW RACING GP
PERTAMINA MANDALIKA SAG TEAM
RED BULL KTM AJO
SPEEDUP RACING
TEAM GRESINI Moto2
YAMAHA VR46 MASTER CAMP TEAM

Moto3クラス

AVINTIA VR46 RIDERS ACADEMY
BOE OWLRIDE
CIP GREEN POWER
GASGAS ASPAR TEAM
HONDA TEAM ASIA
LEOPARD RACING
MT HELMETS - MSI RACE TECH
PRUESTELGP
RED BULL KTM AJO
RED BULL KTM TECH3
RIVACOLD SNIPERS TEAM
SIC58 SQUADRA CORSE
STERILGARDA MAX RACING TEAM
TEAM MTA
VISION TRACK HONDA

 

Read Also:

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:“雨”学習もスピード足りずの1戦。青山監督は前半戦からの成長を評価
前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:“雨”学習もスピード足りずの1戦。青山監督は前半戦からの成長を評価

次の記事

250cc王者の青山博一、MotoEでチーム立ち上げを検討中「アジアの若手ライダーが世界で戦う場を作りたい」

250cc王者の青山博一、MotoEでチーム立ち上げを検討中「アジアの若手ライダーが世界で戦う場を作りたい」
コメントを読み込む