Moto3ドイツ決勝:マルティン横綱相撲で5勝目。小椋藍は悔しい貰い事故

シェア
コメント
Moto3ドイツ決勝:マルティン横綱相撲で5勝目。小椋藍は悔しい貰い事故
執筆: 松本 和己
2018/07/15 9:58

MotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラス決勝が行われ、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が今季5勝目を飾った。

 MotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラス決勝は、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が圧倒的な強さで今季5勝目を挙げた。

 順当にスタートを決めたマルティンがホールショットを決め、隊列を引っ張っていった。2番手を、マルコ・ベゼッキ(Redox PruestelGP)やマルコス・ラミレス(Bester Capital Dubai)が争った。

 マルティンは後続を引き離しにかかるが、振り切れずにベゼッキやラミレスに交わされる場面もあり、全体がペースダウン。先頭集団は10台近くによる乱戦が繰り広げられた。

 そんな中、徐々にポジションを上げていた鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が最終コーナーで転倒を喫してしまった。

 改めてトップに立ったマルティンは、ベゼッキとトニー・アルボリーノ(Marinelli Snipers Team)が争う間に再びペースを上げトップ集団が5台に絞られていった。しかしマルティンに1コーナーでミスがあり後退。再びベゼッキがトップに立つと、ペースが落ちて集団が膨れ上がった。

 レース折り返しを過ぎ、2番手にはファビオ・ディ・ギャナントニオ(Del Conca Gresini Moto3)が浮上するが、1コーナーでチームメイトのマルティンと接触。マルティンとのラインが交錯すると感じたギャナントニオが、ブレーキングで挙動を乱したような形だ。マルティンは走行を継続できたものの、ギャナントニオのバイクはグラベルに投げ出され、リタイアとなった。

 これでマルティンは4番手までポジションを落としたものの、残り10周を切る頃には再びトップへ。3番手を走行していたアルベルト・アレナス(Angel Nieto Team Moto3)が転倒を喫した影響もあって、マルティンが一気に集団から抜け出し、独走体制を気づくことに成功した。

 結局そのまま、マルティンが後続を2秒引き離す横綱相撲で優勝。ベゼッキはマルティンを懸命に追うが、終盤は逆にジョン・マクフィー(CIP - Green Power)に追いつかれてしまう。これをなんとか抑え切ったベゼッキが2位、マクフィーが3位となった。

 マルティンは、今季完走6戦で5勝目。そのうち4勝はポール・トゥ・ウィンという圧倒的な強さを見せている。

 2戦連続のワイルドカード参戦で、残り3周の時点まで9番手を走行していた小椋藍(Asia Talent Team)は、不用意にイン側にバイクを向けたガブリエル・ロドリゴ(RBA BOE Skull Rider)に当てられるような形となり転倒、無念のノーポイント。集団の中でさらなるポジションアップも狙えたただけに、悔しい結果となった。

 9番手スタートの佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は、一時ポイント圏外まで後退したものの、粘り強くポジションを取り戻し、10位でフィニッシュした。

 真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)が15位で1ポイント獲得。鳥羽海渡(Honda Team Asia)は18位だった。鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は転倒によりリタイアとなった。

【リザルト】MotoGP第9戦ドイツGP:Moto3クラス決勝

【MotoGP見るなら日テレジータス!】
予選から決勝まで、シリーズ全戦徹底中継!
第9戦ドイツGP
予選:7月14日(土)19:30〜
決勝:7月15日(日)17:45〜
次の Moto3 ニュース
Moto3ドイツ予選:マルティン今季6度目ポール。佐々木歩夢は9番手

前の記事

Moto3ドイツ予選:マルティン今季6度目ポール。佐々木歩夢は9番手

次の記事

ディ・ギャナントニオ初優勝! 真崎13位、鈴木14台抜き14位

ディ・ギャナントニオ初優勝! 真崎13位、鈴木14台抜き14位
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント ザクセンリンク
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース