Moto3ムジェロ予選:日本勢揃って好調。鈴木2番手、佐々木3番手獲得

シェア
コメント
Moto3ムジェロ予選:日本勢揃って好調。鈴木2番手、佐々木3番手獲得
2018/06/02 11:30

MotoGP第6戦イタリアGPのMoto3クラス予選が行われ、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)がポールポジションを獲得した。

 ムジェロサーキットで行なわれているMotoGP第6戦イタリアGP。Moto3クラスの予選はホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が4戦連続のポールポジション。ついで、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)がフロントロウを獲得した。

 序盤からファビオ・ディ・ギャナントニオ(Del Conca Gresini Moto3)が積極的にタイムを出していくが、40分のセッション折り返しを前に、チームメイトのホルヘ・マルティンがそれを上回りトップに立った。

 マルティンはラストアタックでわずかにタイムを更新し、1分56秒634で4戦連続のポールポジションを獲得した。

 鈴木はうまくスリップストリームを使い、残り18分の段階で2番手に浮上。鈴木はそこからタイムを更新できなかったものの、そのポジションを守ってフロントロウを確保した。

 佐々木は、ラストアタックでタイムアップし、3番手に飛び込み、日本人ライダー2人がフロントロウに並ぶことになった。

 鳥羽海渡(Honda Team Asia)は10番手、真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)は11番手で予選を終えており、日本人ライダーは揃って良い結果を残した。

【リザルト】MotoGP第6戦イタリアGP:Moto3クラス予選

次の記事
Moto3フランス決勝:まさかの結末。アレナスが”幸運”を手に初優勝

前の記事

Moto3フランス決勝:まさかの結末。アレナスが”幸運”を手に初優勝

次の記事

Moto3ムジェロ決勝:マルティン僅差で3勝目。日本勢は厳しい結果に

Moto3ムジェロ決勝:マルティン僅差で3勝目。日本勢は厳しい結果に
Load comments

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Mugello
ロケーション ムジェロ・サーキット