Moto3アラゴン:マルティンひとり逃げで今季6勝目。鈴木竜生6位

シェア
コメント
Moto3アラゴン:マルティンひとり逃げで今季6勝目。鈴木竜生6位
執筆: 松本 和己
2018/09/23 9:54

MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto3クラス決勝が行われ、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)がポール・トゥ・ウィンを果たした。

 MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto3クラス決勝は、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)がポールから、完璧なレース運びで優勝を飾った。

 Moto3クラスの予選後、他のライダーのスリップストリームを利用しようとスロー走行したためにグリッドペナルティが出されたライダーが続出。エネア・バスティアニーニ(Leopard Racing)、マルコ・ベゼッキ(Redox PruestelGP)といった有力ライダーも12グリッド降格と、大きくポジションを下げることになった。

 ポールポジションからスタートしたホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)は完璧な蹴り出しでトップをキープ。2番手には4番手スタートのチームメイト、ファビオ・ディ・ギャナントニオが浮上してきた。

 2番手以下がスリップストリームを使い合ってバトルを繰り返す中、マルティンは一気に後続との差を広げ、2周目を終えて2秒近くのリードを築いた。

 8番手スタートの鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は、集団を掻き分けながら徐々にポジションアップ。4周目には一時4番手につけた。ポイントリーダーのマルティンとの差を広げられたくないランキング2位のベゼッキも、18番手スタートから8番手まで浮上した。

 レース残り14周となる頃には、ベゼッキが2番手集団のトップに。この時点で、トップのマルティンは4.2秒リードと独走態勢だ。

 15番手スタートのバスティアニーニも追い上げ3番手へ。ベゼッキが2番手になったことでペースが上がり、集団が縦長になっていった。

 しかしそれでも2番手争いは終わらず、9周目にはバスティアニーニが2番手となった。だがこれで集団のペースが落ち再び接近戦に。マルティンは労せずしてさらにリードを拡大し、2番手から10番手までの9台は激しい争いを繰り広げた。

 ベゼッキは一時集団最後尾近くまでポジションを下げたが、再び2番手までポジションを回復。残り6周に入るとペースアップし、2番手を死守する姿勢を見せた。

 結局、マルティンはスタートからフィニッシュまで終始一人旅。後続に6.405秒差をつける快勝で、タイトル争いのリードを13ポイントに広げた。

 2位集団の争いはファイナルラップまで続いたが、ベゼッキが2位をキープ。バスティアニーニが3位となった。

 鈴木は最後まで集団の中でバトルを続け、ファイナルラップでポジションアップ。6位でフィニッシュした。

 その他の日本人ライダーは、真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)が21位、鳥羽海渡(Honda Team Asia)が26位とポイントには届かなかった。

【リザルト】MotoGP第14戦アラゴンGP:Moto3クラス決勝

次の Moto3 ニュース
MotoGPコラム:フェナティの矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

前の記事

MotoGPコラム:フェナティの矯正と競技の安全性確保は、喫緊の課題

次の記事

MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い

MotoGPコラム:舞台はフライアウェイへ。もてぎに向けた日本人ライダーの戦い
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント アラゴン
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース