トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days

Moto3カタルニア予選:小椋藍が2番手フロントロウを獲得! 鈴木竜生も好調4番手

シェア
コメント
Moto3カタルニア予選:小椋藍が2番手フロントロウを獲得! 鈴木竜生も好調4番手
執筆:
2019/06/15 11:46

カタルニアGPのMoto3クラス予選が行われ、ガブリエル・ロドリゴがポールポジションを獲得した。日本の小椋藍は2番グリッドに入った。

 MotoGP第7戦カタルニアGPのMoto3クラス予選が行われ、ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)がポールポジションを獲得した。また、負傷明けの小椋藍(Honda Team Asia)が2番グリッドを獲得した。

 日本人ライダーが多数出場しているMoto3クラス。今戦は初日に鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が好調さを見せていたものの、FP3では転倒を喫してしまい、最終的に予選Q1スタートとなってしまった。

 この結果、ワイルドカード出場の山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)を含む日本人ライダー6名全員がQ1からのスタートと、厳しい状況で予選が開始された。

Q1:鈴木竜生がトップでQ2進出。負傷からの復帰戦となる小椋も健闘

 予選は気温28℃、路面温度46℃、快晴のコンディションでセッションがスタートした。

 5分ほどが経過すると、徐々にタイム計測に入るライダーが出てきたが、山中が1分50秒237でトップタイムにつけ、そこに小椋藍、鈴木、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)らが続いた。

 その後、真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)が1分49秒793までタイムを縮めトップに浮上。佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing )も2番手に付けるなど、日本人ライダーたちによるタイム更新が目立った。

 セッションは残り半分を切り、他のライダーもタイムを上げ始める。まずロマーノ・フェナティ(VNE Snipers)が1分49秒735で真崎を上回ってトップに浮上し、アルベルト・アレナス(Sama Qatar Angel Nieto Team )もタイムを縮めて3番手につけた。

 残り5分、小椋が1分49秒407で首位に立つも、他ライダーとの牽制をする姿も見られていた。

 残り2分を切り、佐々木がアタックを決め1分49秒782で4番手Q2圏内に入った。そして鈴木も各セクターを最速で纏め上げ……1分48秒970でトップに浮上した。またアンドレア・ミーニョ(Bester Capital Dubai)もタイムを上げで2番手につけた。

 チェッカーフラッグが振られた後のラストアタックでは、上位4台に食い込むライダーは現れず、最終的に鈴木、ミーニョ、アレナス、小椋の4名がQ2へ駒を進めた。

Q2:小椋がフロントロウ2番手に入る快走。鈴木も4番手につける

 ポールポジションを決するQ2では、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)と鈴木を先頭に各ライダーが続々とコースインしていった。

 一通り最初のタイム計測を終えた段階で、良いタイムを刻んだのはガブリエル・ロドリゴ。1分48秒450でトップタイムとした。そこにアロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)が続いた。

 鈴木は単独走行で走行を続けたものの、8番手に留まった。そして残り6分頃には全ライダーが二度目のアタックに備えてピットへ戻った。

 残り時間が5分を切ると、2度目のアタックのために各ライダーが再びコースインし始めるが、タイミングを図るライダーがピット前にずらりと並んでしまう。そんな状況を経て、残り2分になろうという頃、続々と出走し初めた。

 残り時間の関係でほぼ全てのライダーがワンアタックに懸ける展開となった。そこでロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)とアントネッリがターン5で接触して転倒。結果としてアントネッリはノータイムとなってしまった。

 ラストアタック、鈴木がタイムを1分48秒782まで縮め2番手つけるが……その後ろから来た小椋が2番手に割って入り、さらにアルボリーノにもタイムを越されてしまったため、鈴木は4番手までポジションを下げた。

 最終的にポールポジションを獲得したのはロドリゴ。コースインのタイミングが遅く2度目のアタックは行えなかったが、なんとかポールポジションを守った形だ。

 2番手には負傷から復帰した小椋が入り、体調への不安を一蹴して見せた。3番手にはアルボリーノが入った。

 セカンドロウ4番手にはQ1から上がってきた鈴木が入った。ここ数戦トップ集団常連となっているだけに、決勝レースへの期待も膨らむ結果と言えそうだ。

MotoGP第7戦カタルニアGP Moto3クラス予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム
1 Argentina カブリエル ロドリゴ 5 1'48.450  
2 Japan Ai Ogura 6 1'48.471 0.021
3 Italy トニー アルボリーノ 6 1'48.764 0.314
次の記事
MotoGPコラム:“和製イタリア人”鈴木竜生。「打ち解ける力」が躍進の鍵

前の記事

MotoGPコラム:“和製イタリア人”鈴木竜生。「打ち解ける力」が躍進の鍵

次の記事

Moto3カタルニア決勝:鳥羽、最終周首位走行も転倒! ラミレス初優勝

Moto3カタルニア決勝:鳥羽、最終周首位走行も転倒! ラミレス初優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Barcelona
執筆者 永安陽介