トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

Moto3フランス予選:小椋藍が3番手フロントロウ獲得! ポールポジションはマクフィー

シェア
コメント
Moto3フランス予選:小椋藍が3番手フロントロウ獲得! ポールポジションはマクフィー
2019/05/18 11:39

MotoGP第5戦フランスGPのMoto3クラス予選が行われ、ジョン・マクフィーがポールポジションを獲得。また日本の小椋藍が3番グリッドとなった。

 MotoGP第5戦フランスGPのMoto3クラス予選が行われ、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)がポールポジションを獲得した。

 フランスGP舞台、ブガッティ・サーキットは午前中は雨に見舞われ、ウェットコンディションとなったが、予選時間になると雨は上がり曇り空となっていた。

 フリー走行では日本の小椋藍(Honda Team Asia)が総合トップタイムを記録、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)も3番手につけるなど好調さを見せた。なお、日本勢は佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)以外がQ2ダイレクト進出を決めている。

予選Q1:佐々木歩夢はQ2進出ならず。マクフィーがトップ通過

 予選Q1は気温13℃、路面温度15℃のコンディションで、15分のセッションがスタートした。

 難しい路面状況であるため、レインタイヤを履いたマシンとスリックタイヤを履くマシンに分かれた。

 まずはフィリップ・サラック(Redox PruestelGP)がタイム計測し、1分46秒975でひとまずのトップタイムとする。これにマルコス・ラミレス(Leopard Racing)、カン・オンジュ(Red Bull KTM Ajo)が続き、佐々木は5番手につけた。

 残り時間が5分を切り、各車本格的なアタックに入り始める。路面コンディションはラップを重ねるごとに改善されていくため、最終的には完全にドライになったと言っても良い状況だった。

 毎周のようにトップタイムが更新……そんな中、ラミレスが1分44秒793でトップに躍り出る。一方、残り2分という段階でオンジュがターン3でクラッシュを喫する。

 残り2分、ヤコブ・コーンフェール(Redox PruestelGP)がタイムを更新し、3番手に割って入る。そして佐々木もアタックを決め、2番手に浮上……Q2進出圏内に入った。

 最後のアタック合戦で上位に上がってきたのがマクフィー。1分43秒994でトップにつける。さらにマーカー・ユルチェンコ(BOE Skull Rider Mugen Race)が3番手、セルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)が4番手に割って入ったため、佐々木はQ2進出圏内からはじき出されてしまう結果となった。

 最終的に、Q2進出はマクフィー、ラミレス、ユルチェンコ、ガルシアの4名となった。佐々木は結局Q1で10番手に終わった。

予選Q2:ルーキー小椋藍がフロントロウ獲得!

 日本勢4名が進出を果たしているQ2。まずはガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)を筆頭に各車コースインしていく。

 1度目のアタックではロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が1分44秒400でトップとなるが、各車続々とタイムを更新し、Q1通過組のラミレスが1分43秒655でトップタイムを記録した。

 日本勢は鈴木が9番手、小椋が10番手につける。

 トップのラミレスは更にタイムを縮め、1分42秒892とする。また、鈴木も自己ベストを更新し4番手にポジションを上げる。

 セッションの半分を経過しようという頃、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)がアタックをまとめ1分42秒574でトップタイムを記録。続いて鈴木もタイムを更新、1分42秒661で2番手まで浮上する。

 鈴木はさらに走行を重ねて、ファステストラップを記録し、トップへと踊り出る。が、後方でマクフィーが更に良いタイムを記録したことで、首位の座を奪われてしまう。

 真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)は残り4分になろうという頃、ターン8で転倒してしまうが、なんとか再スタート。コース復帰を果たしている。また、前戦優勝のニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)もターン3でクラッシュを喫してしまう。

 残り2分を切り、各車がラストアタックに入る。小椋は自己ベストで1周をまとめあげると、3番手に浮上し、フロントロウ圏内につける。

 その他上位に大きなタイム更新は無く、ポールポジションはジョン・マクフィーが獲得。2番手にはトニー・アルボリーノ、3番手には日本の小椋藍が入った。

 鈴木は終盤タイムを伸ばせず4番手、鳥羽海渡が9番手、真崎一輝が17番手という結果となった。

→【リザルト】MotoGPフランスGP Moto3クラス予選結果

次の記事
Moto3スペイン決勝:アントネッリが優勝。鈴木竜生が2位表彰台でCOTAの無念晴らす

前の記事

Moto3スペイン決勝:アントネッリが優勝。鈴木竜生が2位表彰台でCOTAの無念晴らす

次の記事

Moto3フランス決勝:マクフィー優勝。鳥羽、惜しくも表彰台逃す……小椋&鈴木上位走行も転倒

Moto3フランス決勝:マクフィー優勝。鳥羽、惜しくも表彰台逃す……小椋&鈴木上位走行も転倒
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Le Mans