F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

Moto3イタリア予選:鈴木竜生が5番手セカンドロウ獲得! PPはアルボリーノ

シェア
コメント
Moto3イタリア予選:鈴木竜生が5番手セカンドロウ獲得! PPはアルボリーノ
執筆:
2019/06/01 11:36

MotoGPイタリアGPのMoto3クラス予選が行われ、トニー・アルボリーノがポールポジションを獲得した。鈴木竜生は5番手セカンドロウとなった。

 MotoGP第6戦イタリアGPのMoto3クラス予選が行われ、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)がポールポジションを獲得した。

 日本人ライダーのMoto3クラス予選組分けは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)と鳥羽海渡(Honda Team Asia)がダイレクトでのQ2進出を決めており、残る佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)、真崎一輝(Estrella Galicia 0,0)、ワイルドカード出場の山中琉聖(BOE Skull Rider Mugen Race)はQ1からのスタートとなった。

 天候は晴れ、気温23℃、路面温度は39℃のコンディションで予選スタート時刻を迎えた。

Q1:佐々木歩夢、5番手で惜しくもQ2進出ならず

 15分間のQ1セッションだが、カウントダウンがスタートしても、各ライダーはなかなかコースインしなかった。そして、残り10分になろうという頃から、続々とコースインしていく。

 まずジャン・オンジュ(Red Bull KTM Ajo)が1分59秒853でタイムを刻むと、後続も続々とラップを更新していくが、FP3のタイムから考えると、更新の余裕がまだまだあるタイムが続く。

 セッション時間は半分を切るが、コース上ではスリップストリームを狙ったトラフィックが酷く、各車が牽制し合う姿が見られて、なかなかタイムが更新されない時間が続いた。

 残り5分を切ると、各車が本格的なアタックに入る。マルコス・ラミレス(Leopard Racing)が1分57秒972でまずはトップタイムに。続けて佐々木もタイムを更新し1分58秒235で2番手に付けた。また、真崎も4番手に入る走りを見せる。

 残り時間も1分を切り、最後のアタック合戦となった。ここではラウル・フェルナンデス(Sama Qatar Angel Nieto Team)が一気にタイムを縮めてトップに浮上。さらにダレン・ビンダー(CIP Green Power)、アンドレア・ミーニョ(Bester Capital Dubai)といった面々がタイムを詰めたことで、佐々木と真崎はQ2進出圏内から押し出されてしまった。

Q2:鈴木竜生、5番手セカンドロウを獲得!

 続くQ2セッション、SIC58の鈴木竜生とニッコロ・アントネッリが連れ立ってコースイン。そして、ポイントリーダーのアロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)はコースインしようというところで、エンジンストールを起こしてしまう。カネットはなんとか他チームの手を借りてマシンを再始動し、無事コースイン。各チームも続々とコースインしていくが、集団に飲まれることを嫌ってか、後ろを気遣う場面が多く見られた。

 そんな中、ひとまずトップタイムを記録したのは日本の鈴木だ。1分57秒453とまだタイムが上がりきっていないため、鈴木はそのままピットイン。2番手にはアントネッリがつけた。途中トニー・アルボリーノがトップとなるタイムを記録するが、コース外走行があったとしてこのタイムは抹消され、ノータイムとなった。

 セッション残りが5分を切り、これまでタイムを記録していなかったジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)がピットアウトし、それを皮切りに2度めのアタックに向けほぼすべてのライダーが出走する。

 残り2分、ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)が単独走行で1分57秒082を記録し、トップに踊り出る。ロドリゴは更にタイムを詰めるが、アルボリーノが1分56秒407と大きくタイムを更新し、2番手に追いやられる。さらにロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が3番手に入る。

 その他の各車もタイムアップを狙うが、最終的にアルボリーノのタイムを更新するライダーは現れず、ここで決着。アルボリーノがポールポジションを獲得し、2番手にはロドリゴ、3番手はダラ・ポルタとなった。

 鈴木は最後のアタックでタイムを更新することはできず、最終的に5番手セカンドロウにつけた。鳥羽は8番グリッドとなった。

第6戦イタリアGPMoto3クラス予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム
1 Italy トニー アルボリーノ 5 1'56.407  
2 Argentina カブリエル ロドリゴ 7 1'57.080 0.673
3 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 5 1'57.276 0.869
4 Italy アンドレア ミーニョ 6 1'57.438 1.031
5 Japan 鈴木 竜生 5 1'57.453 1.046
6 Italy ニッコロ アントネッリ 4 1'57.455 1.048
7 Italy ロマーノ フェナティ 5 1'57.525 1.118
8 Japan 鳥羽 海渡 6 1'57.533 1.126
9 Spain マルコス ラミレス 5 1'57.551 1.144
10 Spain アロン カネット 6 1'57.575 1.168
次の記事
ル・マンで転倒の小椋藍、骨折治療のため手術。次戦ムジェロは欠場

前の記事

ル・マンで転倒の小椋藍、骨折治療のため手術。次戦ムジェロは欠場

次の記事

Moto3イタリア決勝:チェッカー直前の逆転でアルボリーノ優勝。鈴木竜生は8位

Moto3イタリア決勝:チェッカー直前の逆転でアルボリーノ優勝。鈴木竜生は8位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Mugello
執筆者 永安陽介