イタリアGPで事故死したジェイソン・デュパスキエ使用のゼッケン番号50、Moto3の永久欠番へ

MotoGPは2021年の第6戦イタリアGPで事故死したMoto3ライダーのジェイソン・デュパスキエが使用していた#50をMoto3クラスの永久欠番とすることを決めた。

イタリアGPで事故死したジェイソン・デュパスキエ使用のゼッケン番号50、Moto3の永久欠番へ

 2021年6月初頭、ムジェロ・サーキットで行なわれたMotoGP第6戦イタリアGP予選で、ジェイソン・デュパスキエが激しいクラッシュを喫して、病院に搬送。そして残念ながら帰らぬ人となった。

 MotoGPにおける死亡事故は、2016年に発生したMoto2のルイス・サロム以来。デュパスキエの死を受け、決勝レース前には黙祷が行なわれた。

 そして事故から3週間が経ち、MotoGPはデュパスキエの使用していたゼッケンナンバー(50番)をMoto3クラスの永久欠番とすることにしたようだ。

 近年、MotoGPでは事故などで命を落としたライダーの使用ナンバーを永久欠番とすることが続いている。前述のルイス・サロムの#39や富沢祥也の#48、加藤大治郎の#74や、マルコ・シモンチェリの#58などが同様の措置を受けている。

 記憶に新しい永久欠番は、2006年のMotoGP王者であるニッキー・ヘイデンの使用していた#69だろう。その他に永久欠番としてはケビン・シュワンツの#34や、ロリス・カピロッシの#65などが存在する。

 18日からはザクセンリンク・サーキットで第8戦ドイツGPが開幕を迎えるが、初日午後にデュパスキエの番号を永久欠番とするセレモニーが行なわれる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
Moto3カタルニア決勝:ガルシア混戦制し2勝目。日本勢トップは9位鳥羽海渡に

前の記事

Moto3カタルニア決勝:ガルシア混戦制し2勝目。日本勢トップは9位鳥羽海渡に

次の記事

Moto3ドイツ初日:鈴木竜生が初日総合2番手をマーク。首位はマクフィー&ランク首位アコスタ3番手

Moto3ドイツ初日:鈴木竜生が初日総合2番手をマーク。首位はマクフィー&ランク首位アコスタ3番手
コメントを読み込む