Moto3もてぎ:フェナティFP2首位。佐々木、鈴木が終盤相次いで転倒

MotoGP第15戦日本GP、Moto3クラスのフリー走行2回目はロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)がトップだった。

 午前中に行われたフリー走行1回目(FP1)と同じくウエットコンディションで、FP2がスタート。

 セッション序盤はロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)がまずトップに立つが、中盤を過ぎるとFP1でトップタイムだったニッコロ・ブレガ(Sky Racing Team VR46)がFP2でも好調を維持し、トップタイムを更新した。

 残り15分を切るころには、ニッコロ・アントネッリ(Red Bull KTM Ajo)がタイムシートの最上段を得るが、チェッカーフラッグが振られた直後にフェナティがタイムを更新。セッション首位となった。

 2番手には、フェナティのタイムにわずか0.006秒及ばなかったアントネッリ。3番手はブレガとなったが、彼がFP1で記録した2分9秒577が、日本GP初日のMoto3クラスベストタイムだった。

 このセッションでは、ポイントリーダーのジョアン・ミル(Leopard Racing)がターン3で転倒を喫するなど、クラッシュが続出する難しいコンディション。セッション残り3分を切り、佐々木歩夢(SIC Racing Team)がターン14で、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)がターン3で相次いで転倒を喫してしまった。

 それでも、鈴木はこのセッション8番手と、FP1に続き上位タイムを残した。佐々木は20番手、鳥羽海渡(Honda Team Asia)は30番手でこのセッションを終えた。

 →【リザルト】MotoGP第15戦日本GP:Moto3フリー走行2回目

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
イベント名 Motegi
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース