Moto3もてぎ:日本GPが開幕! ウエットのFP1は鈴木竜生が9番手発進

MotoGP第15戦日本GPがMoto3クラスの走行で開幕。ニッコロ・ブレガ(Sky Racing Team VR46)がトップとなった。

 MotoGP第15戦日本GPが、Moto3クラスのフリー走行で幕を開けた。

 あいにくのウエットコンディションとなったが、各ライダーはセッション序盤から積極的に周回した。

 特にSky Racing Team VR46のニッコロ・ブレガとアンドレア・ミーニョがタイムを更新し合っていき、最終的にブレガがセッショントップ、ミーニョが2番手となった。

 日本人ライダー勢は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が9番手で最上位、佐々木歩夢(SIC Racing Team)が11番手となった。鳥羽海渡(Honda Team Asia)は30番手でセッションを終えている。

 ポイントリーダーのジョアン・ミル(Leopard Racing)は14番手だった。

 →【リザルト】MotoGP第15戦日本GP:Moto3フリー走行1回目

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
記事タイプ 速報ニュース