Moto3マレーシア決勝:またしても波乱。サバイバルレースを生き残ったバニャイヤが優勝

第17戦マレーシア、Moto3クラスは大荒れとなったレースをバニャイヤが生き残り、優勝を果たした。

 第17戦マレーシア、Moto3クラスは、有力ライダーが転倒を喫する中、フランチェスコ・バニャイヤ(MAPFRE TEAM MAHINDRA)は抜群の安定感で、優勝を果たした。

 雨が多い週末となったマレーシアだが、Moto3クラスの決勝時には、路面コンディションは所々ウェットパッチが残るものの、ドライとなった。気温は31℃、路面温度37℃だ。

 ホールショットを決めたのは、ポールポジションスタートのブラッド・ビンダー(RED BULL KTM AJO)。エネア・バスティアニーニの代役参戦、佐々木歩夢(GRESINI RACING Moto3)は集団の中で転倒を喫してしまった。6コーナーでホルヘ・マルティン(MAPFRE TEAM MAHINDRA)、ニッコロ・ブレガ(SKY RACING TEAM VR46)を含め、4台のマシンが巻き込まれる多重クラッシュが発生してしまったものの、赤旗は掲示されずそのままレースは続行された。

 トップ集団は、ビンダーにバニャイヤや、ジョアン・ミル(LEOPARD RACING)が絡んでいくような展開かと思われたが、3周目にミル、ビンダー、ファビオ・ギャナントニオ(GRESINI RACING Moto3)、ダラ・ポルタ(SKY RACING TEAM VR46)が7コーナーで、ほぼ同時にスリップダウンを起こし転倒。オイルが流れていたか、ウェットパッチに乗ったのか、トップ4台のうち3台が転倒を喫し、バニャイヤだけが生き残った形となった。

 ビンダーはダメージを負ったマシンでピットに戻り、マシンを修復。最下位の18番手でレースに復帰している。

 残り11周となった段階で、コース上を走っているバイクは18台。約半数がリタイアとなっている。

 ライバルがいなくなったバニャイヤに迫るライダーはおらず、トップを独走。

 残り5周、2番手ヤコブ・コーンフェイル(DRIVE M7 SIC RACING TEAM)は、周回遅れを気にしたか、ターン1でインにつけず、ボー・ベンドスナイデル(RED BULL KTM AJO)にインを差され、順位を落とした。しかし、次の週にはコーンフェイルが意地を見せ、ベンドスナイデルを抜き返した。

 残り3周、途中6番手争いもしていた、女性ライダーのマリア・エレーラ(TEAM LAGLISSE)が最終コーナーで転倒し、自力で立ち上がったが、結局担架で運ばれた。

 エレーラの事故を受けて赤旗が掲示。残り3周というタイミングもあって、レースはそのまま再開することなく成立となり、13周終了時点での順位でレースは終了となった。

 日本人ライダーは、佐々木歩夢が1周目でリタイアに終わったほか、鈴木竜生(CIP-Unicom Starker)もサバイバルレースを生き残ることができず、リタイア。尾野弘樹(Honda Team Asia)は、土曜日の予選での転倒の影響で、決勝をスタートすることなく棄権している。

Moto3 2016 マレーシア決勝結果

Cla #DriverBikeLapsTimeGapIntervalkm/hRetirementPoints
1   21  Francesco Bagnaia  Mahindra 13 29'29.351     146.6   25
2   84  Jakub Kornfeil  Honda 13 29'36.459 7.108 7.108 146.0   20
3   64  Bo Bendsneyder  KTM 13 29'36.604 7.253 0.145 146.0   16
4   20  Fabio Quartararo  KTM 13 29'37.820 8.469 1.216 145.9   13
5   55  Andrea Locatelli  KTM 13 29'41.765 12.414 3.945 145.5   11
6   42  Marcos Ramirez  Mahindra 13 29'42.057 12.706 0.292 145.5   10
7   19  Gabriel Rodrigo  KTM 13 29'42.738 13.387 0.681 145.5   9
8   89  Khairul Idham Pawi  Honda 13 29'42.857 13.506 0.119 145.5   8
9   11  Livio Loi  Honda 13 29'43.796 14.445 0.939 145.4   7
10   40  Darryn Binder  Mahindra 13 30'08.128 38.777 24.332 143.4   6
11   38  Hafiq Azmi  Peugeot 13 30'15.178 45.827 7.050 142.9   5
12   23  Niccolo Antonelli  Honda 13 30'18.250 48.899 3.072 142.6   4
13   43  Stefano Valtulini  Mahindra 13 30'18.999 49.648 0.749 142.6   3
14   77  Lorenzo Petrarca  Mahindra 13 30'19.193 49.842 0.194 142.5   2
15   4  Fabio Di Giannantonio  Honda 13 30'44.514 1'15.163 25.321 140.6   1
16   48  Lorenzo dalla Porta  KTM 12 29'35.775 1 lap 1 lap 134.8    
17   41  Brad Binder  KTM 10 29'36.999 3 laps 2 laps 112.2    
  dnf 6  Maria Herrera  KTM 13 29'43.144 13.793 6.145 145.4 Accident  
  dnf 95  Jules Danilo  Honda 6 13'47.514 7 laps 7 laps 144.6 Accident  
  dnf 9  Jorge Navarro  Honda 5 13'28.243 8 laps 1 lap 123.4 Retirement  
  dnf 12  Albert Arenas  Peugeot 3 7'00.696 10 laps 2 laps 142.2 Accident  
  dnf 36  Joan Mir  KTM 2 4'37.509 11 laps 1 lap 143.8 Accident  
  dnf 24  Tatsuki Suzuki  Mahindra 2 4'42.167 11 laps 4.658 141.4 Accident  
  dnf 16  Andrea Migno  KTM 2 5'32.115 11 laps 49.948 120.1 Retirement  
  dnf 8  Nicolo Bulega  KTM 1 4'23.960 12 laps 1 lap 75.5 Retirement  
  dnf 88  Jorge Martin  Mahindra 0         Accident  
  dnf 44  Aron Canet  Honda 0         Accident  
  dnf 65  Philipp Ottl  KTM 0         Accident  
  dnf 58  Juan Francisco Guevara  KTM 0         Accident  
  dnf 7  Adam Norrodin  Honda 0         Accident  
  dnf 71  Ayumu Sasaki  Honda 0         Accident  
 【関連ニュース】

Moto3:佐々木歩夢、バスティアニーニの代役でセパン出場決定

Moto3マレーシアFP1:Bビンダーがトップタイム発進。佐々木は22番手

Moto3マレーシアFP2 ウェットコンディションで鈴木5番手。トップはバニャイヤ

Moto3マレーシアFP3:Bビンダーが僅差でトップタイム。尾野14番手

Moto3マレーシア予選:雨の予選、終了間際にBビンダーがポール奪取。尾野が2度転倒

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
イベント名 Sepang
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース