Moto3:マクフィー、今季残り全レース欠場へ。バスティアニーニも次戦欠場濃厚

Moto3クラスのフィリップアイランドのレースで、多重クラッシュに巻き込まれたマクフィーは、今季残りの2レースを欠場するようだ。

 ジョン・マクフィー(SAXOPRINT RTG)は、フィリップアイランドでのレース6周目、ターン9で転倒を喫し、大クラッシュに巻き込まれた。バイクから投げ出された彼は、アンドレア・ミーニョ(SKY RACING VR46)のバイクと接触。マクフィーはこの衝撃で意識を失い、レースはすぐに赤旗中断となった。

 当初、マクフィーはクラッシュの影響は軽い脳しんとうと、左手親指の骨折だけで済んだとみられていたが、メルボルンの病院でさらなる検査をした結果、『肺と胸壁の間に、空気が漏れ出てたまっている』、気胸の症状が認められたと、彼のスポンサーであるレーシング・ステップス財団が明かした。

 マクフィーは月曜日、自身のソーシャルメディア上で「全身が少しこわばっているけど、フィーリングはOKだ。肺に少しダメージを受けてしまって、来週もメルボルンに留まる予定だ。フライトする前に、肺の経過を診てもらう必要がある」と投稿している。

「今後数日で僕の親指を手術してもらう予定だ。それから、可能な限り早く完全回復して、復帰できるようにしたい」

 マクフィーは、今週末に行われるセパンでのマレーシアGPの欠場は間違いないが、レーシング・ステップス財団は、彼の状態では2週間から3週間、フライトを避ける必要があり、11月13日に行われる最終戦バレンシアも”ほぼ確実に”欠場することになるとしている。

バスティアニーニもセパン欠場の可能性大

 現在ランキング2位のエネア・バスティアニーニ(GRESINI RACING Moto3)も多重クラッシュに巻き込まれたライダーのひとりであり、マクフィーのバイクと接触した直後、コース上を滑っていく形となってしまったバスティアニーニは、ホルヘ・ナバッロ(ESTRELLA GALICIA 0,0)のバイクに轢かれてしまった。

 クラッシュの直後には、バスティアニーニは立ち上がって自力で歩行していたものの、インシデントにより、彼の第9椎骨と肋骨にはひびが入っており、今週のセパン出場が危ぶまれている。

 チームはマレーシアでのレースに向けて、”近日中に”彼の状態について判断を下すと発表している。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3
イベント名 Phillip Island
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー エネア バスティアニーニ , ジョン マクフィー
記事タイプ 速報ニュース