F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
Race まで
04 時間
:
35
:
41
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
47 days

Moto3:マルティンが開幕戦をコントロール。鳥羽は7位、佐々木8位

シェア
コメント
Moto3:マルティンが開幕戦をコントロール。鳥羽は7位、佐々木8位
2018/03/18 13:56

MotoGP開幕戦カタールGP、Moto3クラスはホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が優勝した。

 MotoGP開幕戦カタールGP、Moto3クラスの決勝レースが行われ、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が優勝を飾った。

 2番グリッドスタートのマルティンがトップで1周目を終える。4番グリッドからスタートした佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は6番手、5番グリッドの鳥羽海渡(Honda Team Asia)はポジションを落としてしまう。

 トップのマルティンが快調に逃げる一方、佐々木も3番手に浮上。エネア・バスティアニーニ(Leopard Racing)、アロン・カネット(Estrella Galicia 0,0)が先頭集団を形成した。

 佐々木は徐々に先頭集団から脱落し、第2グループに飲み込まれてしまった。バスティアニーニも転倒を喫してしまい、先頭争いはカネットとマルティンの2台に絞られた。

 3番手以下は大集団。15番手までに表彰台のチャンスがある状態でラスト3周を迎えた。この中には7番手の佐々木、11番手の鳥羽、13番手の真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)の日本人ライダー3人も含まれている。

 熾烈な3番手争いが繰り広げられる第2グループを尻目に、マルティンとカネットは一騎打ち状態でファイナルラップに入った。それまでペースを抑え、カネットを従えて走っていたマルティンは一気にペースアップ。後続を引き離しにかかるが、カネットもそうはさせじと食らいつき、最終コーナーまで両者譲らず。カネットは最後のストレートでマルティンのスリップにつくも、逆転はならずマルティンがトップでチェッカーを受けた。

 2周かけて3番手集団に追いついた鳥羽は、ファイナルラップで一気にポジションを上げ、7位でフィニッシュ。鳥羽はベストリザルト更新となった。

 佐々木は8位、真崎は13位となっており日本人ライダーは3人ともポイントを獲得している。

MotoGP開幕戦カタールGP:Moto3クラス決勝結果

次の記事
Moto3:アントネッリが開幕戦カタールでPP。佐々木・鳥羽は4-5番手!

前の記事

Moto3:アントネッリが開幕戦カタールでPP。佐々木・鳥羽は4-5番手!

次の記事

ベッツェッキ、ウエットレースを快勝。日本勢はポイント獲得ならず

ベッツェッキ、ウエットレースを快勝。日本勢はポイント獲得ならず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント ロサイル
ロケーション ロサイル・インターナショナル・サーキット