【Moto3】ムジェロ決勝:鳥羽「落ち着いて走ることの重要さを学んだ」

第6戦イタリアGPのMoto3クラスの決勝が行われ、Honda Team Asiaのナカリン・アティラプワパは24位、鳥羽海渡は25位となった。

 MotoGP第6戦イタリアGPのMoto3クラス決勝が行われ、Honda Team Asiaのナカリン・アティラプワパは24位、鳥羽海渡は25位となった。

 レース後、Honda Team Asiaのふたりは次のようにコメントを発表している。

ナカリン・アティラプワパ(24位 / 40'21.650 / +37.687)
「今回のレースウイークは苦労しました。決勝レースでは序盤から前方集団との差が大きく開いてしまい、後ろのグループでバトルすることになりました。それでも、この厳しいウイークから学ぶことはたくさんあったので、しっかりと次のカタルニアGPに活かしたいと思います」

鳥羽海渡(25位 / 40'21.651 / +37.688)
「スタートをうまく決めて順位を上げることができましたが、いくつかミスをしてしまい、トップグループとの距離が開いてしまいました。グループから抜け出て追いつこうとしたのですが、焦って自分の走りをうまくまとめきることができず、引き離せませんでした。どんなときでも落ち着いて走ることの重要さを学んだので、次のレースでは平常心を保ち続けられるようにがんばります」

岡田忠之 チーム監督
「ナカリンと海渡は、ともに厳しいレースでしたが、ルーキーとしていい経験を積むことができたと思います。今回のレースウイークで学んだことをしっかりと次のレースに活かし、予選でいいグリッドを獲得することの大切さや、週末を通して取り組む姿勢につなげてほしいと思います」

コメントは【Honda Team Asia Press Release】より抜粋

【関連ニュース】

【Moto3】ムジェロ決勝:集団の中の大混戦。ミーニョが制し初優勝

【Moto3】ムジェロ予選:鈴木竜生が10番手。マルティンが3連続PP

【Moto3】フランス:リタイアの鳥羽「最後5周で順位を上げられていたのに残念」

【Moto3】フランス決勝:半数以上転倒でレースやり直し。ミル圧勝

【Moto3】フランス予選:鳥羽海渡「決勝では最低限でも入賞を目指す」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
イベント名 Mugello
サーキット ムジェロ・サーキット
記事タイプ レースレポート