【Moto3】鳥羽海渡「楽しくバトルができた。次戦は良いポジションを」

鳥羽海渡は、スペインGPMoto3クラスの決勝レースでスタートから10ポジションアップし、17位でフィニッシュした。【Honda Team Asia】

201757日(日) Rd.04 スペインGP ヘレス・サーキット

コンディション:ドライ 気温:25℃ 路面:35℃

 第4戦スペインGPが開催され、現地時間午前11時(日本時間午後6時)にスタートしたMoto3クラスの決勝レースで、17位でフィニッシュ。チームメートのナカリン・アティラプワパは21位でゴールを果たしました。

 9列目27番グリッドからスタートした鳥羽は、集団の中でバトルを続けながら、粘り強い走りで少しずつ順位を上げ、スタートから10ポジションアップでレースを終えました。アティラプワパも、10列目30番手という厳しいスタートになりましたが、レース終盤に前方のグループに追いついてからは、集団内のライバルたちをオーバーテイクし、その先頭でチェッカーフラッグを受けました。

 第5戦フランスGPは、519()の午前9(日本時間同日午後4)に、フリー走行1回目がスタートします。

鳥羽海渡 (17 / 41'46.405 / +20.699)

「レース序盤は147秒台後半、中盤以降は48秒台前半だったので、いいペースでレースができたと思います。予選の順位が低かっただけに、ポイントを獲得できなかったのは残念ですが、最後まで楽しくバトルができました。次のレースではFP1からしっかりと組み立てて、予選でいいポジションを得られるようがんばりたいです」

ナカリン・アティラプワパ (21 / 42'03.460 / +37.754)

「今日の決勝レースは金曜や土曜よりもいいフィーリングで走れました。セクター3が遅かったのですが、レース中にそこを改善するようトライして、うまく走れるようになりました。前方の選手を見つけてからは、最後まであきらめずにがんばって追いつき、全力で戦えたので、充実した内容のレースになりました」

岡田忠之チーム監督

「海渡もナカリンも、レースで追い上げる走りができたのはよかったと思います。今回のレースで2人とも、予選のポジションがいかに重要であるかということを実感してくれたと思うので、次のフランスGPではFP1から速い選手たちに後れをとらないよう、チーム全員で力を合わせて取り組みます」

【Honda Team Asia プレスリリース】

【関連ニュース】

【Moto3】へレス決勝:鈴木竜生転倒リタイア。カネットが初優勝

【Moto3】へレス予選:鈴木竜生7番手。マルティン、レコード更新PP

【Moto2】不運な転倒に見舞われた中上貴晶「むなしさに言葉がない」

【Moto2】へレス決勝:”弟”マルケスMoto2初優勝。中上不運の転倒

【MotoGP】スペインGP決勝:ペドロサ優勝ホンダ1-2。ヤマハ苦戦

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
イベント名 Jerez
サーキット サーキット・デ・ヘレス
記事タイプ レースレポート