【Moto3】鳥羽海渡「転倒車に慎重になりすぎて、その分遅れをとった」

29位でレースを終えた鳥羽は、スタート時に目の前で転倒したバイクに慎重になりすぎてしまったと語った。【IDEMITSU Honda Team Asia Press Release】

2017年8月6日(日) Rd.10 チェコGP オートモトドラム・ブルノ・サーキット
コンディション:ウエット 気温:19℃ 路面:21℃

 全19周で争われたチェコGPのMoto3クラス決勝レースで、Honda Team Asiaのナカリン・アティラプワパが激しい上位争いを繰り広げ、10位でゴールしました。チームメートの鳥羽海渡は、29位でチェッカーフラッグを受けました。

 Moto3クラスの決勝レースは、早朝の雨により路面が濡れている中、始まりました。5列目15番グリッドからスタートしたアティラプワパは、レース序盤に前を走る選手たちを次々とオーバーテイクし、5周目には3番手まで浮上。そのあと、路面が少しずつ乾き始めて後方の選手たちが一気に追い上げてきましたが、最終ラップまで集団内で激しいバトルを繰り広げ、トップ10フィニッシュを果たしました。

 一方、鳥羽は8列目22番グリッドから決勝レースに挑みました。スタート直後に、運悪く前方で2台が絡む転倒が発生し、それを回避するために集団から離れてしまいました。それでも最後まであきらめずにレースを完走し、今後に向けて貴重なデータを獲得しました。

 第11戦オーストリアGPは、8月11日(金)午前9時(日本時間午後4時)にMoto3クラスのフリー走行1回目がスタートします。

ナカリン・アティラプワパ(10位/44'52.227/+10.913)
「レース序盤はスタートをうまく決めて、比較的、楽に順位を上げていくことができました。路面が乾き始めても濡れている箇所が残っていて、いいラインを探すのに苦労し、集団の中で少し順位を落とすことになってしまいました。終盤には後方から何名かが追い上げてきたので、『もっとがんばれ!』と自分に言い聞かせて最後まで走りきりました。今日はバトルを楽しむことができたので、次のオーストリアでもポイントを獲得できるように全力で臨みます」

鳥羽海渡(29位/45'29.327/+48.013)
「1周目に自分の前で転倒車があり、慎重に行きすぎたために、その序盤の差が後半にも影響してしまいました。レース中盤以降はラップタイムも上げて、フィーリングよく走れたのですが、序盤にリズムを上げていけなかったことが今回の一番の敗因になってしまいました。次戦では、もっとうまく状況に対応できるようにしたいです」
岡田忠之 チーム監督
「ナカリンは、最後まで路面が濡れた状態であれば表彰台圏内も狙えたと思います。とはいえ、このサーキットが初体験だったことを考えれば、上出来でした。今回の第10戦は、ナカリンにとって総じてポジティブなウイークで、今日のレースからもたくさんのことを学んでくれました。鳥羽は、目の前でほかのライダーが転んだときに、慎重に行きすぎてしまったようです。来週のレースでは気持ちを入れ替えて、最初から高い気持ちで戦いに臨んでくれるでしょう」

【IDEMITSU Honda Team Asia Press Release】

【関連ニュース】

Moto3チェコ 決勝:ミルが優勝でランク首位を維持。鈴木8位入賞

Moto3チェコ 予選:ロドリゴが自身初のPP。佐々木11番手

24位の中上「ドライでもウエットでも足踏み状態だった」/Moto2チェコ

MotoGPコラム:前半戦を戦い抜いた5人の日本人。後半戦の課題とは

接戦で磨かれる若き才能たち。成長楽しめるMoto3クラスの醍醐味

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3
イベント名 Brno
サーキット Brno Circuit
記事タイプ プレスリリース