F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
00 時間
:
28
:
56
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days

Moto3アラゴン予選:小椋藍が自己ベストタイの2番手フロントロウ。PPカネット

シェア
コメント
Moto3アラゴン予選:小椋藍が自己ベストタイの2番手フロントロウ。PPカネット
執筆:
2019/09/21 11:42

MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto3クラス予選が行われた。ポールポジションを獲得したのはアロン・カネットだった。

 MotoGP第14戦アラゴンGPのMoto3クラス予選が行われ、アロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)がポールポジションを獲得した。

 アラゴンGPの予選組分けはQ1スタート組が真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)。Q2には鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、小椋藍(Honda Team Asia)、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)の3名が直接進出している。なお鳥羽海渡(Honda Team Asia)は前戦サンマリノGPで負った肩甲骨の負傷から参戦を取り止めている。

 FP3はウエットコンディションでの走行だったが、予選が始まる頃には路面は完全にドライとなった。空も晴れ渡り、気温25℃、路面温度34℃のコンディションで予選がスタートした。

Q1:ワイルドカード参戦のタタイが速さを発揮

 Q1は出走タイミングが大きく2つの集団に分かれる展開となった。2分台のタイムが続く中、デニス・フォッジア(SKY Racing Team VR46)が1分59秒843で一瞬トップタイムに立った。

 そのタイムを即座に塗り替えたのはアロン・カネット。スリップストリームを使いつつ1分58秒898というタイムをマークし、トップタイムとした。

 3番手、4番手にはマーカー・ユルチェンコ(BOE Skull Rider Mugen Race)、ワイルドカード参戦のカルロス・タタイ(Fundacion Andreas Perez 77)が続いた。

 残り6分を切り、大半のライダーがピットイン。2度目のアタックに備えた。

 そして残り時間3分を切ると各ライダーが一斉にコースイン。カネットはトラフィックに飲まれないためか先陣を切って出走。クリアラップでアタックに入った。

 その後程なくしてチェッカーが振られ、各ライダーは1度限りのアタックに掛ける展開だ。

 カネットは自己ベストを更新できずに終わり、フォッジア、タタイらが良いタイムでコースを回ってくる。

 するとフォッジアが1分58秒800でトップタイムを更新し、タタイが1分59秒322で3番手にポジションを上げた。またセレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)もラストアタックでタイムを縮め4番手に入った。

 なお、真崎は14番手タイムに留まり、Q2進出はならなかった。

Q2:小椋が躍進の自己ベストタイ

 続くQ2ではアロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)とタタイが真っ先にコースイン。しかし他のライダーはなかなかピットから出ない。鈴木もそのひとりで、マシンから降りてピットへ入ってしまった。

 3分ほど経過すると徐々にコースへ出るライダーが増え始めるが、鈴木やトニー・アルボリーノ(VNE Snipers)といった有力ライダーは、まだピットに留まったままだ。

 残り10分を目前とした頃、ロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)がコースインしたことをきっかけに、残るライダーも一斉にコースイン。唯一カネットのみピットに残った。

 暫定トップは2分0秒067を記録したロペスだ。ただ既に後続のライダーが各セクタータイムを更新しており、入れ替わりは確実な状況だった。

 ひとりピットに留まっていたカネットは、残り時間8分を切ったタイミングでコースインしていった。

 残り6分、鈴木が1分59秒527をマークしてトップに浮上。しかしその後ろからジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が1分59秒421を記録したことでトップは入れ替わった。

 マクフィー、カネットなど多くのライダーがセクタータイムを更新しながらコースを回ってくるが……カネットが1分58秒197と一気にタイムを縮めてトップに浮上。

 2番手にはアルボリーノが続き、マクフィーは自身のタイムは更新したものの3番手にポジションを落とした。

 鈴木は1度目のアタックを終えた後ピットに戻っていたが、残り3分を切った頃に再びコースへ入った。

 そしてチェッカー後のラストアタックでは、まずビエッティが1分59秒121をマークして2番手に割って入った。鈴木は1分59秒336で一時4番手に浮上するが、後続のマシンが続々とこれを上回るタイムを記録し、ポジションを下げた。

 小椋が1分58秒898で2番手、タタイが1分58秒983で3番手に割って入り、更にロペス、ヤコブ・コーンフェール(Redox PruestelGP)といった面々もタイムを上げたことで、鈴木は一気に8番手まで蹴落とされてしまった。

 最終的にポールポジションを獲得したのはカネットとなった。

 2番手は小椋。自己ベストタイの予選結果だ。3番手に入ったのはワイルドカード参戦のタタイ。レッドブル・ルーキーズカップの王者としての力を見せつけた。

 他日本勢は前述の通り鈴木が8番手、佐々木が10番手となった。

【リザルト】第14戦アラゴンMoto3クラス予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アロン カネット 4 1'58.197     154.663
2 Japan Ai Ogura 5 1'58.898 0.701 0.701 153.751
3 Carlos Tatay 7 1'58.983 0.786 0.085 153.642
4 Czech Republic ヤコブ コーンフェール 6 1'59.092 0.895 0.109 153.501
5 Italy Celestino Vietti Ramus 5 1'59.121 0.924 0.029 153.464
6 Spain アロンソ ロペス 6 1'59.194 0.997 0.073 153.370
次の記事
鳥羽海渡がホンダからKTMへ乗り換え。2020年はKTM AjoでMoto3参戦継続

前の記事

鳥羽海渡がホンダからKTMへ乗り換え。2020年はKTM AjoでMoto3参戦継続

次の記事

Moto3アラゴン決勝:小椋藍、2位でキャリア初の表彰台獲得! カネット3勝目

Moto3アラゴン決勝:小椋藍、2位でキャリア初の表彰台獲得! カネット3勝目
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Aragon
執筆者 永安陽介