F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

Moto3ドイツ決勝:PPの佐々木歩夢は9位に沈む。優勝はダラ・ポルタ

シェア
コメント
Moto3ドイツ決勝:PPの佐々木歩夢は9位に沈む。優勝はダラ・ポルタ
執筆:
2019/07/07 10:12

MotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラスの決勝レースが行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタが優勝を果たした。

 MotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラス決勝が行われ、Leopard Racingのロレンソ・ダラ・ポルタが今季初優勝を果たした。

 Moto3クラス決勝レースは厚い雲に覆われ、予選日までよりも気温の低い16℃、路面温度22度というコンディションでスタート時刻を迎えた。

 27周のレースがスタートすると、ポールポジションの佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)はターン1で、ポジションを下げてしまった。さらに2番グリッドスタートの鳥羽海渡(Honda Team Asia)も3番手に位置を下げた。

 そしてターン2ではいきなりクラッシュが発生。ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)がハイサイドを起こし、アロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)が接触し転倒となった。

 先頭はスタートで良い蹴り出しを見せたロマーノ・フェナティ(Snipers Team)。オープニングラップを終えた段階でのオーダーはフェナティ、マルコス・ラミレス(Leopard Racing)、鳥羽、ダラ・ポルタ、佐々木という順だ。

 先頭集団は序盤から後方に差をつける展開だが、3周目のターン1でダラ・ポルタが鳥羽をかわして3番手に浮上した。一方後方では14番グリッドスタートとなっていた鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)がポジションを上げ11番手につけた。

 先頭集団ではフェナティがポジションを下げ、ラミレスやダラ・ポルタが前に出る。佐々木はその後方5番手で前を伺うがヤコブ・コーンフェール(Redox PruestelGP)を交わすことができない状況だ。

 5周目、先頭集団はペースが上がらず、一度は開きかけていた後方集団との差が詰まり、9番手のジャン・オンジュ(Red Bull KTM Ajo)が先頭集団に加わった。6周目には佐々木が3番手にポジションをあげようと動くが、なかなか前に出られなかった。

 先頭集団は更に人数が増え12番手あたりまでが一団となった。その中には鈴木も含まれている。トップにはダラ・ポルタが浮上するが、10周目のターン1でラミレスが再びそのポジションを取り戻した。

 ラミレスはここで2番手に若干のギャップを築き、集団から抜け出した。2番手ダラ・ポルタ、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、佐々木らがそれを追いかける展開だ。

 11周目、最終コーナーで佐々木はコーンフェールにかわされて5番手にポジションを落とした。コーンフェールは次の周にはマクフィーもオーバーテイクしようとするが、ここは抑えられた。

 飛ばすラミレスに追いすがろうと、先頭集団もペースが上がり、隊列は再び縦長に。佐々木はその中で7番手までポジションを落としてしまった。

 そして残り12周、鳥羽とアルベルト・アレナス(Sama Qatar Angel Nieto Team)がターン1でそれぞれ単独で転倒。アレナスはコースへ復帰するも、鳥羽はリタイアとなった。

 さらに先頭ではラミレスがターン1でワイドに膨らんだことでダラ・ポルタがトップに。しかしそこをマクフィーが突いて先頭に浮上したかと思えば、再びラミレスが仕掛けてトップにつけるなど、激しく順位を入れ替えながらのバトルが続いた。

 残り11周、そのバトルの中でフェナティがトップに立ち、そこにコーンフェールが続いた。

 残り9周、フェナティが先頭を引っ張る中、2番手は3番手はダラ・ポルタ、マクフィーが追いすがる。7番手の佐々木は徐々にトップ集団から遅れ始める厳しい展開だ。

 残り7周、フェナティがラインを外してしまうと、マクフィーがトップに浮上。しかし即座にダラ・ポルタがインを突いて先頭を奪取。先頭がそうこうバトルをしている内に、佐々木は再び先頭集団に追いついた。

 そして後方からは鈴木が追い上げを見せ、残り5周のタイミングで先頭集団に食らいついてみせた。また同じく22番手スタートから追い上げてきたアロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)がチャージをかけると、接触上等のバトルで次々とポジションをあげ、4番手に浮上。さらに残り3周でポジションを上げて2番手につけた。

 また先頭が激しくバトルを演じている間に鈴木も5番手にまでポジションを上げた。

 ファイナルラップ、カネットがターン1でトップに浮上。そこにダラ・ポルタがテール・トゥー・ノーズで追いかける。

 そして、12コーナーでダラ・ポルタがカネットのインを抑えてトップに躍り出ると、続く最終コーナーも上手く後方を抑え、そのままトップでチェッカーフラッグを受け取った。

 2位は、ダラ・ポルタにうまく続いてカネットを交わしたラミレス。3位は22番グリッドから驚異の追い上げを見せたカネットとなった。

 ポールスタートで期待が寄せられていた佐々木は最終的に9位フィニッシュとなった。また16番グリッドスタートだった小椋藍(Honda Team Asia)が終盤のバトルで追い上げを見せ7位、鈴木が8位と日本勢3名がシングルフィニッシュを果たした。

【リザルト】第9戦ドイツGP Moto3クラス決勝

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 27       25
2 Spain マルコス ラミレス 27 0.072     20
3 Spain アロン カネット 27 0.120     16
4 Italy ロマーノ フェナティ 27 0.185     13
5 Spain ラウル フェルナンデス 27 0.323     11
6 United Kingdom ジョン マクフィー 27 0.445     10
次の記事
Moto3ドイツ予選:佐々木歩夢、日本人16年ぶりの軽量級ポール! 2番手には鳥羽海渡

前の記事

Moto3ドイツ予選:佐々木歩夢、日本人16年ぶりの軽量級ポール! 2番手には鳥羽海渡

次の記事

Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ

Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Sachsenring
サブイベント Race
執筆者 永安陽介