F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
1 days
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

Moto3日本決勝:鈴木竜生悔しすぎる4位。最終周で表彰台を逃す。優勝ダラ・ポルタ

シェア
コメント
Moto3日本決勝:鈴木竜生悔しすぎる4位。最終周で表彰台を逃す。優勝ダラ・ポルタ
執筆:
2019/10/20 4:01

Moto3の日本GP決勝レースが行われ、鈴木竜生が終始首位争いを繰り広げたが、悔しすぎる4位に終わった。優勝はロレンソ・ダラ・ポルタだった。

 MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス決勝が行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が優勝を果たした。鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は終始先頭を争ったが、悔しすぎる4位に終わった。

 20周で行われたMoto3クラスの決勝。気温24度、路面温度32度と、この週末の中では最も暖かいコンディションとなった。土曜日とは打って変わり、ドライコンディションである。

 好スタートを決めたのは、3番グリッドの鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)だった。鈴木は抜群の蹴り出しを見せ……チームメイトのニッコロ・アントネッリらを置き去りにして先頭に立った。

 なお1周目には後方で3台のマシンが転倒。これにはヤコブ・コンフェイル(Redox PruestelGP)とガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が激しく絡み合ってコースオフするシーンも含まれている。

 レースは縦長の大集団となったが、鈴木は2番手のアロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)に対して0.1秒ほどの差をキープ。この2台にセルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)が続いた。

 4周目、ロペスがポジションを一気に落としてしまい、ガルシアが鈴木に迫った。しかし鈴木はこれ抑えて周回を重ねていく。

 6周目のヘアピンでは、アルベルト・アレナス(Gaviota Angel Nieto Team)がガルシアを抜き、2番手に浮上。ただ、ガルシアも簡単には諦めず、翌7周目に抜き返すことになった。

 2番手をめぐる争いは、非常に激しかった。アレナスが後退した後にはアロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)とロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)が台頭。毎周のようにポジションを入れ替えることになった。

 鈴木は激しい争いを繰り広げる2番手以下を引き離していくことはできなかったが、なんとか首位のポジションをキープした。

 ただ9周目、ダラ・ポルタが鈴木をオーバーテイク。このレース初めてのリードチェンジとなった。

 10周目の5コーナーで、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)が転倒。かなり痛がるシーンがあった。

 11周目のヘアピンでは、鈴木がダラ・ポルタをオーバーテイク。しかしダラ・ポルタもそうはさせじと、すぐにこれを抜き返した。

 鈴木のペースはよく、終始ダラ・ポルタにプレッシャーをかけ続ける。一瞬の隙を突かれ、ガルシアに抜かれてしまうシーンもあったが、鈴木はすぐに抜き返してダラ・ポルタを追い続ける。

 13周目、鈴木はまたもダラ・ポルタを抜くが、やはりダラ・ポルタがすぐに前へ……激しい戦いが続いていく。

 ただ14周目、6番手を走っていたカネットが転倒。すぐにコースへ復帰したが、ポジションを21番手まで落とした。

 残り5周(16周目)の段階で、先頭グループはダラ・ポルタ、鈴木、ガルシア、アレナス、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)の5台に絞られた。

 17周目の5コーナーで鈴木が一瞬先頭に立つが、ダラ・ポルタはやはりすぐに抜き返す。手に汗握る最終盤を迎えた。

 鈴木はダラ・ポルタの真後ろを走り、オーバーテイクのタイミングを伺う。しかしダラ・ポルタのマシンはトップスピードが伸び、なかなかチャンスが訪れない。

 そして迎えた最終ラップ。1コーナーではアレナスが鈴木を狙うが、鈴木はなんとかこれを抑えた。ただアレナスはS字の飛び込みで鈴木をオーバーテイクし、2番手に浮上した。

 それでも鈴木は諦めず、最終ビクトリーコーナーでアレナスに接近しようとしたが、一瞬バランスを崩してしまい、その隙をビエッティに突かれてしまう。

 結局ダラ・ポルタが優勝。アレナスが2位に入り、3位がビエッティとなった。鈴木は悔しすぎる4位……自身のヘルメットを拳で叩いて悔しがった。

 他の日本人ライダーは、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)13位、小椋藍(Honda Team Asia)14位、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)15位と入賞。鳥羽海渡(Honda Team Asia)は17位、真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)が20位だった。

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 20         25
2 Spain Albert Arenas 20 00.094       20
3 Italy Celestino Vietti Ramus 20 00.198       16
4 Japan 鈴木 竜生 20 00.289       13
5 Spain Sergio Garcia 20 00.437       11
6 United Kingdom ジョン マクフィー 20 03.648       10
次の記事
【ライブテキスト】MotoGP第16戦日本GP:Moto3クラス決勝

前の記事

【ライブテキスト】MotoGP第16戦日本GP:Moto3クラス決勝

次の記事

鈴木竜生、“苦杯”の母国戦4位。「この気持ちを糧にしたい」

鈴木竜生、“苦杯”の母国戦4位。「この気持ちを糧にしたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Motegi
サブイベント Race
執筆者 田中 健一