F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

Moto3バレンシア予選:ミーニョ、キャリア初ポール獲得。鈴木竜生は8番手

シェア
コメント
Moto3バレンシア予選:ミーニョ、キャリア初ポール獲得。鈴木竜生は8番手
2019/11/16 12:42

MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto3クラス予選が行われ、アンドレア・ミーニョがポールポジションを獲得した。

 MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto3クラス予選が行われ、アンドレア・ミーニョ(Mugen Race)が初のポールポジションを獲得した。

 Moto3クラスには5人の日本人ライダーが参戦しているが、最終戦バレンシアでは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、Honda Team Asiaの鳥羽海渡と小椋藍、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)、真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)の5名全員が予選Q1からのスタートとなった。

 午前中は非常に低温のコンディションだったが、予選の時間となると気温15℃、路面温度20℃まで上昇した。

 Q1が開始されると各ライダーは列をなしてコースイン。まずはアルベルト・アレナス(Valresa Angel Nieto Team)が1分40秒525でトップタイムとした。

 その後、鈴木が1分39秒500の好タイムでトップに立つと、ダレン・ビンダー(CIP Green Power)が2番手に続き、鳥羽も4番手に割って入った。また佐々木も5番手タイムを記録している。

 残り7分、真崎はターン12でクラッシュ。マシンが損傷してしまい、カウルが外れかけてしまうが、なんとか再始動してピットへと戻った。しかし、この後コースインすることはできなかった。

 残り4分を切ると、鈴木は再びコースイン。そこから一気にセカンドアタックにライダーが出ていき、コース上は大混雑となってしまう。

 そんな中、残り1分を切ってタイムを上げてきたのが、ワイルドカード参戦のカルロス・タターイ(Fundacion Andreas Perez 77)。1分39秒728で2番手にポジションを上げた。またアロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)も3番手に入った。

 程なくチェッカーが振られQ1は終了。最終的に鈴木、タターイ、ロペス、ビンダーの4名がQ2に駒を進めた。

 鳥羽、小椋、佐々木、真崎の4名は残念ながら、ここで予選を終えた。

Q2:ミーニョ、初のポールポジションを獲得

 Q2が始まるとミーニョがまっさきにコースイン。しかし大半のライダーはピットに留まり、タイミングを伺っているようだった。

 1分ほど経つと徐々に他のライダーもコースインしはじめたが、鈴木は開始から4分が経つ頃、遅めのコースインとなった。

 全ライダーがアタックに入ると、ひとまずトップにつけたのは、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)。タイムは1分39秒603だ。ジャウマ・マシア(Mugen Race)、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)が続いた。

 遅れてアタックに入った鈴木は、1分39秒284をマークして一気にトップタイムを更新。しかし、その真後ろにつけてスリップストリームをうまく使ったミーニョが、1分39秒082というタイムを記録。鈴木は2番手に下がった。

 残り6分、ターン2でアルボリーノがハイサイドを喫しクラッシュ。なかなか起き上がることができず、ダメージが大きい様子だったが、後に自力で歩いてコースを後にした。

 各ライダーは一度ピットに戻ると、残り3分頃から再度コースイン。2度目のアタックに向かった。

 すると、Q1から駒を進めてきたワイルドカード参戦のタターイが1分39秒600をマーク。3番手に浮上してきた。

 そこからは激しいアタック合戦が展開。マルコス・ラミレス(Leopard Racing)が1分38秒957でトップに躍り出て、マシアが僅差で2番手に続いた。

 しかしミーニョがラストアタックで1分38秒683を叩き出し、トップタイムを更新。一気にポジションを上げた。

 今季のチャンピオンを獲得したロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)はチェッカー後のラストアタックに入っていたが、タイム更新はならず予選は終了。ミーニョがキャリア初のポールポジションを獲得した。

 2番手はラミレス、3番手にはマシアが並んだ。

 鈴木は2度目のアタックでタイムを縮めることができず、最終的に8番手タイムとなった。

【リザルト】MotoGP最終戦バレンシアGP Moto3クラス予選

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy アンドレア ミーニョ 6 1'38.683     146.104
2 Spain マルコス ラミレス 6 1'38.957 0.274 0.274 145.699
3 Spain ジャウマ マシア 5 1'39.107 0.424 0.150 145.479
4 Spain アロン カネット 6 1'39.140 0.457 0.033 145.430
5 Spain Sergio Garcia 6 1'39.141 0.458 0.001 145.429
6 Czech Republic フィリップ サラック 5 1'39.156 0.473 0.015 145.407
次の記事
Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

前の記事

Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

次の記事

Moto3バレンシア決勝:鈴木竜生、悔しい4位。ガルシアがキャリア初優勝

Moto3バレンシア決勝:鈴木竜生、悔しい4位。ガルシアがキャリア初優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3