Moto3フランス決勝:小椋藍、9位入賞でタイトル争いに希望残す。ビエッティ今季2勝目

MotoGP第10戦フランスGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、セレスティーノ・ビエッティが今季2勝目を挙げた。

Moto3フランス決勝:小椋藍、9位入賞でタイトル争いに希望残す。ビエッティ今季2勝目

 ル・マン・ブガッティ・サーキットで行なわれたMotoGP第10戦フランスGPのMoto3クラス決勝は、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)が今季2勝目を挙げた。

 日本勢6名が参戦するMoto3クラス。ポイントリーダーでもある小椋藍(Honda Team Asia)は予選で苦戦し、17番グリッドに沈んだ。日本勢の中で予選最上位につけたのは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)で8番手から決勝レースに挑む。また左手首骨折を負い欠場が続いていた鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は今回から復帰を果たしている。

 レース開始時のコンディションは気温12℃、路面温度15℃。雲間から日差しが差し込む空模様だ。

 22周のレースがスタートすると、アルベルト・アレナス(Gaviota Aspar Team Moto3)がダッシュを決めてホールショットを奪い、そのままオープニングラップを先頭で終えた。その後方にはジャウマ・マシア(Leopard Racing)、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)が続いた。

 小椋はスタートでポジションを落としてしまい、1周目を終えた時点で25番手に沈んだ。

 3周目、マシアはホームストレートでスリップストリームを生かしてアレナスをパス。先頭が入れ替わった。なお追い抜かれたアレナスは一瞬姿勢を崩すシーンが有り、4番手にまで後退してしまう。

 先頭に立ったマシアは5周目あたりからペースアップ。ただ2番手以下もペースを上げてきたことで、突き放すまでは至らなかった。

 8周目、Sterilgarda Max Racing Teamのロマーノ・フェナティとアロンソ・ロペスがチームメイト同士で接触しクラッシュを喫してしまった。また鈴木もターン8で転倒。ファステストラップを記録した直後の悔しい転倒だった。

 レース半分の11周目、先頭を走るマシアはターン8で一瞬後ろを振り返るとポジションを4番手にまでダウン。アレナスが先頭に浮上した。

 15周目まではアレナスが引っ張ったが、途中でマシアが一気に3台(アレナス、アルボリーノ、ダリン・ビンダー)をオーバーテイクし先頭に浮上。そのままペースを上げ、先頭集団は再び4台が抜け出し始めた。

 残り7周、先頭集団を走っていたビンダーにトラブルが発生したようで、大きく減速。そのまま戦線を離脱した。

 その後も熱いバトルが繰り広げられたが、マシアが集団をリードしたまま残り3周へと突入した。

 レース残り2周、マシアの背後ではビエッティが3番手に浮上。その後マシアもターン8のブレーキングでミスが有りワイドに膨らんでしまい、その隙にビエッティが一気に先頭へと浮上した。

 ラストラップにはビエッティ、アルボリーノ、アレナスというトップ3の隊列で突入。ビエッティが逃げを打つと、オーバーテイクを狙うアルボリーノに仕掛ける隙を見せないまま、コントロールラインを通過。今季2勝目を挙げ、ランキングでは3番手に浮上した。

 2位はアルボリーノ、3位にはアレナスが入った。アレナスはこれでランキングトップに返り咲いた。

 日本勢では佐々木が最後まで先頭集団での走行を続け、6位でフィニッシュ。また8台が転倒する展開を乗り切った小椋が9位でフィニッシュを果たすリカバリーを見せた。ダメージを最小限に抑えた小椋はランキング2番手に留まることに成功している。

 ほか日本勢は山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)が18位、國井勇輝(Honda Team Asia)が20位となった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy Celestino Vietti Ramus 22         25
2 Italy トニー アルボリーノ 22 0.142       20
3 Spain Albert Arenas 22 0.198       16
4 Spain ジャウマ マシア 22 0.336       13
5 Italy アンドレア ミーニョ 22 0.569       11
6 Japan 佐々木 歩夢 22 0.834       10
7 Spain ラウル フェルナンデス 22 1.361       9
8 Argentina カブリエル ロドリゴ 22 1.625       8
9 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 22 15.003       7
10 Spain Carlos Tatay 22 15.139       6

シェア
コメント
Moto3フランス予選:マシアが今季初PP獲得。日本勢は苦戦気味、佐々木7番手が最上位
前の記事

Moto3フランス予選:マシアが今季初PP獲得。日本勢は苦戦気味、佐々木7番手が最上位

次の記事

Moto3アラゴン予選:フェルナンデスが僅差のPP獲得。鈴木竜生が復活の5番手

Moto3アラゴン予選:フェルナンデスが僅差のPP獲得。鈴木竜生が復活の5番手
コメントを読み込む