Moto3イタリア予選:鈴木竜生が今季2度目のPP獲得。クラッシュ発生でセッションは赤旗終了

MotoGPイタリアGPのMoto3クラス予選では、鈴木竜生が今季2度目のポールポジションを獲得した。

Moto3イタリア予選:鈴木竜生が今季2度目のPP獲得。クラッシュ発生でセッションは赤旗終了

 MotoGP第6戦イタリアGPのMoto3クラス予選がムジェロ・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)だった。

 今回エントリーしている5人の日本人ライダーの内、フリー走行のベストタイムから予選Q2直接進出を決めたのは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)のみ。鈴木、鳥羽海渡(CIP Green Power)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、そして國井勇輝の代役である松山拓磨(Honda Team Asia)はQ1からの出走となった。

 16人のライダーが4つしかないQ2進出の枠をかけて争うQ1では、鈴木が1分57秒122を記録し、首位でセッションを折り返した。鳥羽も2番手につけた一方、松山は最終コーナーの立ち上がりで転倒を喫してしまい、タイムを計測できないまま予選を終えることとなってしまった。

 Q2進出をかけたラストアタックでは、10台前後のマシンが一列縦隊となって互いのスリップストリームを使いながらコントロールラインを通過していった。ここで鈴木はただひとり1分56秒台のラップタイムを記録してQ1首位通過を確定させた。2番手には鳥羽が続き、以下ポイントリーダーのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)、ニッコロ・アントネッリ(Avintia Esponsorama Moto3)までがQ2に駒を進めた。山中は11番手、松山は16番手に終わり、ここで姿を消した。

 Q2のセッション前半ではガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Gresini Racing Moto3)が1分56秒685でトップに立つも、この段階でタイムを計測したライダーは半数ほどにとどまり、残り4分ごろからコース上にマシンが増えていった。

 鈴木はラストアタックで1分56秒001という好タイムをマークし、トップに浮上した。鈴木の後ろの集団もラストアタックを行なっていたが、その中で佐々木、ジェイソン・デュパスキエ(CarXpert PruestelGP)、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Gresini Racing Moto3)が絡む転倒が発生したため赤旗が掲示され、そのまま予選は終了となった。

 これで鈴木は第4戦スペインGP以来となるポールポジションを獲得。ここ数戦リタイアが続いているだけに、好結果に繋げたいところだ。2番手にはアコスタ、3番手にはロドリゴがつけた。また佐々木は10番手、鳥羽は12番手で、共に4列目から決勝を迎えることとなった。

 なお、佐々木とアルコバの無事は確認されているが、コース上で倒れたデュパスキエに関しては、搬送に向けた処置がコース上で行なわれ、その影響でMotoGPクラスのFP4はディレイとなった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 鈴木 竜生 4 1'56.001     162.774
2 Spain Pedro Acosta 5 1'56.597 0.596 0.596 161.942
3 Argentina カブリエル ロドリゴ 4 1'56.685 0.684 0.088 161.820
4 Italy デニス フォッジア 4 1'56.980 0.979 0.295 161.412
5 Spain ジャウマ マシア 4 1'56.985 0.984 0.005 161.405
6 Spain Jeremy Alcoba 4 1'57.107 1.106 0.122 161.237
7 Italy ロマーノ フェナティ 4 1'57.110 1.109 0.003 161.233
8 Italy ニッコロ アントネッリ 4 1'57.137 1.136 0.027 161.195
9 United Kingdom ジョン マクフィー 5 1'57.152 1.151 0.015 161.175
10 Japan 佐々木 歩夢 4 1'57.206 1.205 0.054 161.100

シェア
コメント
Moto3イタリア初日:初日首位はダリン・ビンダー。鈴木竜生が日本勢トップの6番手で追う

前の記事

Moto3イタリア初日:初日首位はダリン・ビンダー。鈴木竜生が日本勢トップの6番手で追う

次の記事

Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」

Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」
コメントを読み込む