Moto3イタリア決勝:フォッジア優勝。日本勢最上位は佐々木歩夢の4位、PP鈴木竜生は10位

MotoGPイタリアGPのMoto3クラス決勝は、デニス・フォッジアが優勝した。日本人最上位は佐々木歩夢の4位だった。

Moto3イタリア決勝:フォッジア優勝。日本勢最上位は佐々木歩夢の4位、PP鈴木竜生は10位

 MotoGP第6戦イタリアGPのMoto3クラス決勝がムジェロ・サーキットで行なわれた。優勝したのはデニス・フォッジア(Leopard Racing)だった。

 予選でトップタイムを記録したのは鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)。ここまで3戦連続リタイアに終わっている鈴木は、今季2度目のポールポジションから好成績を狙う。フロントロウにはポイントリーダーのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Gresini Racing Moto3)が並び、他の日本勢は佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)が10番グリッド、鳥羽海渡(CIP Green Power)が12番グリッド、松山拓磨(Honda Team Asia)が28番手からスタートとなった。

 また、予選では複数のマシンが絡む大クラッシュが発生した。中でもジェイソン・デュパスキエ(CarXpert PruestelGP)は救急搬送され、現在「非常に深刻な状態」にあると伝えられている。デュパスキエの容態が心配される中、彼のチームメイトである山中琉聖は決勝出走を取りやめている。

Read Also:

 スタートで先頭に立ったのはアコスタ。そこにロドリゴ、鈴木が続いた。ただ、15台前後が先頭集団を形成し、メインストレートでは各車スリップストリームを使いあって1コーナーに向けて順位が大幅に変動するという展開がレース終盤まで続いた。この集団には鈴木だけでなく、佐々木、鳥羽も加わった。

 2列目スタートだったフォッジアはレース中盤から先頭争いに顔を出すと、ファイナルラップの1コーナーを先頭で抜け、そのままトップでチェッカーを受けた。2位にはジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)、3位にはロドリゴが入った。

 レース後半から先頭を伺う走りを見せていた佐々木は、最終ラップでロドリゴに仕掛けたが追い抜きは叶わず、4位に終わったが、4戦連続のトップ5フィニッシュとなった。

 ポールポジションスタートの鈴木はレース後半も先頭争いを演じていたが、ターン1への飛び込みで集団に飲み込まれて以降は10番手前後の争いから抜け出すことができず、最終的に10位に終わった。鳥羽は12位、松山は22位だった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy デニス フォッジア 20 -       25
2 Spain ジャウマ マシア 20 0.036 0.036 0.036   20
3 Argentina カブリエル ロドリゴ 20 0.145 0.145 0.109   16
4 Japan 佐々木 歩夢 20 0.240 0.240 0.095   13
5 South Africa ダレン ビンダー 20 0.499 0.499 0.259   11
6 Italy ロマーノ フェナティ 20 0.711 0.711 0.212   10
7 United Kingdom ジョン マクフィー 20 0.918 0.918 0.207   9
8 Spain Pedro Acosta 20 0.745 0.745     8
9 Spain Sergio Garcia 20 0.861 0.861 0.116   7
10 Japan 鈴木 竜生 20 0.963 0.963 0.102   6

シェア
コメント
Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」
前の記事

Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」

次の記事

【訃報】Moto3ライダーのジェイソン・デュパスキエが亡くなる。予選中に激しく転倒

【訃報】Moto3ライダーのジェイソン・デュパスキエが亡くなる。予選中に激しく転倒
コメントを読み込む