Moto3スティリア予選:オンジュが初PP獲得。日本勢トップは14番手の鈴木竜生

MotoGP第10戦スティリアGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはデニス・オンジュだった。

Moto3スティリア予選:オンジュが初PP獲得。日本勢トップは14番手の鈴木竜生

 レッドブルリンクで行なわれているMotoGP第10戦スティリアGP。Moto3クラスの予選では、デニス・オンジュ(RedBull KTM Tech3)が初のポールポジションを獲得した。

 予選時の天候は曇り。気温26℃、路面温度は34℃ の中でセッションが行なわれた。

 フリー走行の総合タイムから予選組が分けられ、日本勢は佐々木歩夢(RedBull KTM Tech3)が唯一直接Q2へと進出を決めた。また鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、鳥羽海渡(CIP Green Power)、國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)はQ1からのスタートとなった。

 Q1では序盤ほぼ全てのライダーが様子を伺い、コースインのタイミングを遅らせる展開となった。そのため最終的には、多くのライダーがセッション中にピットインすることなく、一回の出走のみでのタイムアタックとなった。全ライダーがコースインしたのは、残り時間8分を切った時だった。

 そんな中Q2進出を決めた上位4名は、デニス・フォッジア(Leopard Racing)、鈴木、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Gresini Racing Moto3)、ロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)となった。

 その後決勝のフロントロウが決まるQ2では、セッション開始と共に全ライダーがコースインする形に。

 現在ポイントランキング首位に立つペドロ・アコスタ(RedBull KTM Ajo)が残り5分を切ったところで一度トップタイムをマークするも、すぐさまセルジオ・ガルシア(Solunion GASGAS Aspar Team)が最速タイムを更新。しかしガルシアは、その後最終アタックの3コーナーでハイサイドを起こし、転倒を喫してしまう。

 最終的にポールポジションを獲得したのは、RedBull KTM Tech3のデニス・オンジュだった。またこれはオンジュにとって初のポールポジションということになった。2番手は転倒したガルシア、3番手はQ1から上がってきたフェナティとなった。

 日本人勢トップは14番手の鈴木竜生。15番手にはセッション中に転倒もあった佐々木歩夢が続き、明日の決勝レースをこのふたりが5列目から並んでスタートとなる。以下21番手に山中琉聖、22番手に國井勇輝、25番手に鳥羽海渡という順位となった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Turkey Deniz Öncü 8 1'36.453     161.463
2 Spain Sergio Garcia 7 1'36.477 0.024 0.024 161.422
3 Italy ロマーノ フェナティ 7 1'36.506 0.053 0.029 161.374
4 Spain Pedro Acosta 8 1'36.575 0.122 0.069 161.259
5 Spain Izan Guevara 7 1'36.635 0.182 0.060 161.159
6 Italy デニス フォッジア 8 1'36.637 0.184 0.002 161.155
7 Spain ジャウマ マシア 8 1'36.637 0.184 0.000 161.155
8 South Africa ダレン ビンダー 6 1'36.657 0.204 0.020 161.122
9 Spain Jeremy Alcoba 8 1'36.716 0.263 0.059 161.024
10 Argentina カブリエル ロドリゴ 7 1'36.720 0.267 0.004 161.017
シェア
コメント
Moto3スティリア初日:総合トップはダリン・ビンダー。日本勢は苦戦し下位に沈む

前の記事

Moto3スティリア初日:総合トップはダリン・ビンダー。日本勢は苦戦し下位に沈む

次の記事

Moto3スティリア決勝:アコスタ、激闘制し今季5勝目! 日本勢は佐々木歩夢が5位で最上位

Moto3スティリア決勝:アコスタ、激闘制し今季5勝目! 日本勢は佐々木歩夢が5位で最上位
コメントを読み込む