Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはSIC58 Squadra Corseの鈴木竜生だ。

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手

 ヘレス・サーキットで行なわれているMotoGP第4戦スペインGP。その予選が行なわれ、SIC58 Squadra Corseの鈴木竜生がポールポジションを獲得した。

 鈴木はQ2へ直接進出を決めると、セッション前半のアタックで1分45秒807のトップタイムを記録。

 セッション後半のアタックにも向かっていた鈴木だが、コースインのタイミングが遅かったことで、FP3でレコードタイムを更新していたアンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)などの有力ライダーと共に時間切れでアタックを行なうことができなかった。ただ結局鈴木のタイムが上回られることはなく、ポールポジションを獲得した。

 鈴木は昨年のヘレス連戦では2連続でポールポジションを獲得しており、ヘレスでは3戦連続でポールポジションを獲得したことにある。

 2番手には最後のアタックで自己ベストを更新してきたジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)。3番手にはミーニョが続いている。

 他の日本人ライダーは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)がQ2で8番手タイム、國井勇輝(Honda Team Asia)が18番手タイムをマークしている。

 また山中琉聖(CarXpert PruestelGP)と鳥羽海渡(CIP Green Power)はQ1からの出走となった。山中は最終アタックで自己ベストを更新したが、0.076秒差で5番手タイムとなり、Q2進出を逃した。鳥羽は最終的に12番手タイムでQ1を終えている。

 現在連勝中の注目ルーキー、ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajp)は初めて予選Q1から出走しQ2へ進出、最終的に13番手タイムを記録した。

 なお鳥羽及びアドリアン・フェルナンデス(Sterilgarda Max Racing Team)に関しては前戦ポルトガルGPでのクラッシュの原因となった無責任な走行により、スペインGP決勝でロングラップペナルティが科されることが決定している。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 鈴木 竜生 5 1'45.807     150.489
2 Spain Jeremy Alcoba 6 1'45.932 0.125 0.125 150.311
3 Italy アンドレア ミーニョ 5 1'46.007 0.200 0.075 150.205
4 Argentina カブリエル ロドリゴ 6 1'46.048 0.241 0.041 150.147
5 Italy ロマーノ フェナティ 6 1'46.166 0.359 0.118 149.980
6 United Kingdom ジョン マクフィー 4 1'46.185 0.378 0.019 149.953
7 South Africa ダレン ビンダー 2 1'46.288 0.481 0.103 149.808
8 Japan 佐々木 歩夢 7 1'46.312 0.505 0.024 149.774
9 Italy ニッコロ アントネッリ 5 1'46.440 0.633 0.128 149.594
10 Turkey Deniz Öncü 8 1'46.449 0.642 0.009 149.581

シェア
コメント
Moto3スペイン初日:ロドリゴがトップタイム記録。日本勢は山中琉聖が5番手に食い込む
前の記事

Moto3スペイン初日:ロドリゴがトップタイム記録。日本勢は山中琉聖が5番手に食い込む

次の記事

Moto3スペイン決勝:王座挑戦は間違いない? ルーキーのアコスタ驚異の3連勝。PPの鈴木は転倒リタイア

Moto3スペイン決勝:王座挑戦は間違いない? ルーキーのアコスタ驚異の3連勝。PPの鈴木は転倒リタイア
コメントを読み込む