Moto3フランス予選:ミーニョ、天候急変もスリックタイヤでPP獲得。日本勢は鈴木が9番手最上位

MotoGP第5戦フランスGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、アンドレア・ミーニョだ。

Moto3フランス予選:ミーニョ、天候急変もスリックタイヤでPP獲得。日本勢は鈴木が9番手最上位

 ブガッティ・サーキットで開催されているMotoGP第5戦フランスGP。そのMoto3クラス予選が行なわれ、アンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)がポールポジションを獲得した。

 グランプリ2日目は午前中こそ雨が降り、ウエットコンディションでの走行だったが、その後雨は降り止み、予選セッションQ1はドライコンディションでの実施となった。

 しかしQ2が開始して2分ほどが経過すると、コース後半セクションで再び雨が降り始めてしまう。各ライダーはこれを受けて一斉にピットへ戻り、レインタイヤへと交換。各車まだタイムを計測していない状態だったため、Q2はここで仕切り直しという形になった。

 激しいアタック合戦が展開されていったが、降り始めたと思った雨はその後すぐに収束。路面が乾いていく難しいコンディションとなった。

 最終的にトップタイムをマークしたのはミーニョ。彼はスリックタイヤによるアタックを成功させ1分47秒407をマーク。後続を2秒以上引き離すタイムでポールポジションを獲得した。

 2番手はリカルド・ロッシ(BOE Owlride)。3番手にはジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)が続いている。

 日本勢では、Q1を突破した鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が9番手タイムで最上位。山中琉聖(CarXpert PruestelGP)が12番手、佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)が15番手となった。

 他Q1からの出走となった日本人ライダーは鳥羽海渡(CIP Green Power)が終盤にタイムを伸ばせず、5番手で敗退。また國井勇輝(Honda Team Asia)、ワイルドカード参戦の松山拓磨(Honda Team Asia)も、それぞれ9番手と12番手でQ1敗退となった。なお松山はQ1終盤に転倒を喫してしまっている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy アンドレア ミーニョ 7 1'47.407     148.884
2 Italy Riccardo Rossi 4 1'49.408 2.001 2.001 146.161
3 Spain ジャウマ マシア 6 1'49.611 2.204 0.203 145.890
4 United Kingdom ジョン マクフィー 5 1'49.640 2.233 0.029 145.851
5 Argentina カブリエル ロドリゴ 7 1'49.684 2.277 0.044 145.793
6 Italy ニッコロ アントネッリ 4 1'49.894 2.487 0.210 145.514
7 Czech Republic フィリップ サラック 6 1'50.594 3.187 0.700 144.593
8 Spain Sergio Garcia 6 1'50.786 3.379 0.192 144.343
9 Japan 鈴木 竜生 7 1'50.927 3.520 0.141 144.159
10 Italy ロマーノ フェナティ 7 1'50.962 3.555 0.035 144.114

シェア
コメント
Moto3フランス初日:ロドリゴが初日総合首位に立つ。日本勢は山中琉聖が最上位8番手

前の記事

Moto3フランス初日:ロドリゴが初日総合首位に立つ。日本勢は山中琉聖が最上位8番手

次の記事

Moto3フランス決勝:乾きゆく路面でガルシア躍動キャリア2勝目。日本勢は佐々木が5位

Moto3フランス決勝:乾きゆく路面でガルシア躍動キャリア2勝目。日本勢は佐々木が5位
コメントを読み込む