Moto3スペイン初日:ロドリゴがトップタイム記録。日本勢は山中琉聖が5番手に食い込む

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス初日フリー走行が行なわれ、ガブリエル・ロドリゴが総合トップタイムをマークした。

Moto3スペイン初日:ロドリゴがトップタイム記録。日本勢は山中琉聖が5番手に食い込む

 ヘレス・サーキットで行なわれているMotoGP第4戦スペインGP。Moto3クラスの初日フリー走行が行なわれると、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が総合トップタイムをマークした。

 ロドリゴはフリー走行2回目の中盤に1分45秒651をマーク。結局このタイムが終盤になっても破られることがなく、そのまま初日総合トップタイムとなった。

 2番手はニッコロ・アントネッリ(Avintia Esponsorama Moto3)。1分45秒907でロドリゴに続いた。3番手はロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)だ。

 日本勢で最上位につけたのは山中琉聖(CarXpert PruestelGP)。1分46秒226を記録して総合5番手となっている。他日本人ライダーは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)が11番手、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が15番手、國井勇輝(Honda Team Asia)が23番手、鳥羽海渡(CIP Green Power)が26番手となっている。

 なお鈴木と鳥羽は、FP2終盤のアタックタイミングで転倒。そのためタイムを伸ばすことに失敗してしまった。

 また注目のルーキー、ランキング首位のペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)は初日を8番手と、まずまずの位置で終えている。

 

Read Also:

【2021Moto3スペイン フリー走行2回目結果】

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Argentina カブリエル ロドリゴ 13 1'45.651     150.711
2 Italy ニッコロ アントネッリ 13 1'45.907 0.256 0.256 150.347
3 Italy ロマーノ フェナティ 11 1'46.060 0.409 0.153 150.130
4 Switzerland Jason Dupasquier 14 1'46.072 0.421 0.012 150.113
5 South Africa ダレン ビンダー 15 1'46.188 0.537 0.116 149.949

シェア
コメント
Moto3ポルトガル決勝:アコスタ2連勝、16歳が才能“本物”をアピール。佐々木4位で表彰台逃す

前の記事

Moto3ポルトガル決勝:アコスタ2連勝、16歳が才能“本物”をアピール。佐々木4位で表彰台逃す

次の記事

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Jerez