Moto3オランダ決勝|佐々木歩夢がポールトゥウィンで初優勝! 鈴木は4位で表彰台逃す

MotoGP第11戦オランダGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。日本人ライダーの佐々木歩夢が、キャリア初勝利を果たした。

Moto3オランダ決勝|佐々木歩夢がポールトゥウィンで初優勝! 鈴木は4位で表彰台逃す
Listen to this article

 2022年のMotoGP、そのサマーブレイク前最後のレースとなった第11戦オランダGP。Moto3クラスの決勝が行なわれ、Sterilgarda Husqvarna Maxの佐々木歩夢がキャリア初優勝を果たした。

 TTサーキット・アッセンで行なわれているオランダGPは、変わりやすい天候の”ダッチウェザー”が特徴とされている。だがMoto3クラスは快晴のもと、気温20℃、路面温度26℃のコンディションでレーススタートを迎えた。

 前日の予選では佐々木がポールポジションを獲得し、2番手には鈴木竜生(Leopard Racing)が続いて日本人ライダーが上位に並んだため、決勝レースに向けてはファンからも期待が高まっていた。

 全22周のレーススタートでは鈴木が好加速を見せて先頭を奪うと、佐々木、ダビデ・ムニョス(BOE Motorsports)、デニス・フォッジア(Leopard Racing)、イザン・ゲバラ(GASGAS Aspar Team)らがそこに追走。佐々木と鈴木は互いにポジションを入れ替えつつ1周目を終えた。

 2周目に入って先頭に立った佐々木だったが、バトル中にマシンが暴れる場面もあり、ゲバラが引っ張る形に交代。それを鈴木が追いかけて、さらにその後方3番手に佐々木という並びになったが、先頭集団自体が10人ほどとかなりの混戦模様だった。

 ゲバラはこの集団を引っ張る中でペースアップ。集団は縦長に広がっていき、佐々木、鈴木を含む6台ほどが分離していった。レース8周目あたりから、佐々木と鈴木は2番手を争ってバトルに。ここでは佐々木が鈴木を先行させて、様子を見ているようだった。

 なお10周目には、コースのショートカットでロングラップペナルティを受けたフォッジアが、それを消化。6番手から14番手と大きくポジションを下げた。

 上位陣ではムニョス、佐々木、鈴木、ジョン・マクフィー(Sterilgarda Husqvarna Max)らが度々ポジションを入れ替えながらの走行で、なかなかポジションが安定しない。そうしたバトルで一時は分断されていた集団が、再びまとまりつつあった。

 ゲバラが先頭を引っ張るスタイルが変わらないままレースは残り5周を切った。その際、ターン2でフォッジアが転倒。ロングラップペナルティを受けつつも5番手まで這い上がっていたが、転倒リタイアとなってしまった。

 残り3周、それまで2番手で様子を伺っていた佐々木が、ついにターン5でゲバラをオーバーテイクして先頭に浮上。ただ一度はゲバラを抑えたが、突き離すことができずドッグファイトとなり、コーナー毎にポジションを競う激しい戦いが続いた。

 そのバトルの中で、鈴木がゲバラを追い抜いて2番手に浮上。日本人ライダーのワンツー体制で最終ラップに入った。最終ラップのターン9では表彰台を争っていたムニョスが、マシアと接触し、ふたりが転倒してしまった。

 初優勝を目前とした佐々木は、鈴木に先頭を奪われる場面があったが、ターン11でトップを取り返して、最後のシケインをクリア。トップチェッカーを受け、ポールトゥウィンでキャリア初優勝を果たした。2位はゲバラ、3位はセルジオ・ガルシア(GASGAS Aspar Team)だ。

【Moto3クラスポイントランキング一覧】

 鈴木は最後にポジションを落とし、4位でのフィニッシュとなった。他日本人ライダーの結果は、山中琉聖(MT Helmets - MSI)が8位、鳥羽海渡(CIP Green Power)が10位、古里太陽(Honda Team Asia)が21位だ。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Japan 佐々木 歩夢 22 -       25
2 Spain Izan Guevara 22 0.314 0.314 0.314   20
3 Spain Sergio Garcia 22 0.392 0.392 0.078   16
4 Japan 鈴木 竜生 22 0.399 0.399 0.007   13
5 Spain Xavier Artigas 22 0.661 0.661 0.262   11
6 Spain Daniel Holgado 22 11.540 11.540 10.879   10
7 Italy Stefano Nepa 22 11.606 11.606 0.066   9
8 Japan Ryusei Yamanaka 22 12.225 12.225 0.619   8
9 Turkey Deniz Öncü 22 12.309 12.309 0.084   7
10 Japan 鳥羽 海渡 22 12.368 12.368 0.059   6

シェア
コメント
Moto3オランダ予選|日本人が予選ワンツー! 佐々木歩夢が久々ポールポジション&鈴木竜生2番手
前の記事

Moto3オランダ予選|日本人が予選ワンツー! 佐々木歩夢が久々ポールポジション&鈴木竜生2番手

次の記事

Moto3初優勝の佐々木歩夢「皆に恩返しができた」オーナーのマックス・ビアッジもレースぶりを称賛

Moto3初優勝の佐々木歩夢「皆に恩返しができた」オーナーのマックス・ビアッジもレースぶりを称賛