Moto3 日本

Moto3日本GP FP3|日本人ライダーは4人が予選Q2へ直接進出! トップタイムはマシア

MotoGP第14戦日本GPのMoto3クラスFP3が行なわれた。予選前最後のセッションのトップタイムは、ジャウマ・マシアだった。

Jaume Masia, Leopard Racing

 モビリティリゾートもてぎで開催されているMotoGP日本GPの、Moto3クラスFP3が行なわれた。トップタイムはジャウマ・マシア(Leopard Racing)だった。

 Moto3クラスの予選Q1とQ2の振り分けは、このFP3セッションまでの総合タイム順で行なわれ、上位14名が直接Q2へ進むことになる。

 その結果、日本勢は山中琉聖(GASGAS Aspar Team)が5番手、佐々木歩夢(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)が6番手、鳥羽海渡(SIC58 Squadra Corse)が9番手、鈴木竜生(Leopard Racing)が11番手で予選Q2へ直接進出となった。

関連ニュース:

 古里太陽(Honda Team Asia)は16番手タイムで、予選はQ1からのスタートとなった。

 Moto3クラスの予選はこの後12時50分からスタートする予定だ。

 
 
         
Driver Info
 
 
 
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1 Spain マシア Leopard Racing 5 Honda 13 1'56.148   148.806  
2 Spain D. Holgado Red Bull KTM Tech 3 96 KTM 13 +0.484 0.484 148.189  
3 Turkey D. Öncü KTM 53 KTM 12 +0.512 0.028 148.153  
4 Brazil D. Moreira MT Helmets - MSI 10 KTM 12 +0.513 0.001 148.152  
5 Japan R. Yamanaka GAVIOTA GASGAS Aspar Team 6 GASGAS 10 +0.665 0.152 147.959  
6 Japan 歩夢 Liqui Moly Husqvarna Intact GP 71 Husqvarna 10 +0.752 0.087 147.849  
7 Spain D. Munoz BOE Motorsports 44 KTM 11 +0.794 0.042 147.796  
8
D. Alonso GAVIOTA GASGAS Aspar Team
80 GASGAS 13 +0.859 0.065 147.714  
9 Japan 海渡 SIC58 Squadra Corse 27 Honda 11 +0.880 0.021 147.687  
10 Italy S. Nepa Angeluss MTA Team 82 KTM 12 +0.983 0.103 147.557  
前の記事 佐々木歩夢、日本GP初日の手応えバッチリ。予選に向けて「晴れなら6番手以内は確実にいける」
次の記事 Moto3日本GP予選|日本人ポールはならず……佐々木歩夢が最上位8番手。PPはジャウマ・マシア

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本