予選レポート
Moto3 Jerez

Moto3スペイン予選|山中琉聖、好調5番手を確保! ポールシッターはダビド・アロンソ

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはダビド・アロンソだった。

Ryusei Yamanaka, MT Helmets MSI

 ヘレス・サーキットで開催されているMotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス予選は、ダビド・アロンソ(CFMOTO Aspar Team)がポールポジションを獲得した。

 スペインGPでの日本人ライダー達だが、鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)と山中琉聖(MT Helmets - MSI)のふたりは予選Q2へ直接進出。古里太陽(Honda Team Asia)が予選Q1からの出走となった。

 なおスペインGP2日目は午前中に雨に見舞われてしまったが、Moto3予選の事には晴れとなり、路面も大部分が乾いてドライコンディションへ変化した。

 Q1で古里はなかなかQ2進出となるトップ4のタイムを記録できない状態が続いた。セッション中盤に自己ベストを1分49秒342まで更新したときは、一歩届かない5番手タイムだった。

 終盤にもう一度自己ベストを更新し1分48秒651まで縮めた古里だったが、ライバルのタイム更新もあり、結局5番手に。ラストアタックで古里はこれ以上タイムを縮めることができず、最終的に7番手でQ1敗退に終わった。

 予選Q2が始まると、序盤にポイントリーダーのダニエル・オルガド(Red Bull GASGAS Tech3)がハイサイドを起こし転倒。体を打ちつけた痛みがあるようで、マーシャルの助けを借りつつコースを後にした。

 日本勢はQ2中盤に山中が大きく自己ベストを更新する1分47秒028をマーク。3番手タイムで上位グリッドを争う位置に並んだ。

 古里はラストアタックで1分46秒152まで自己ベストを更新。最終的に5番手タイムで予選を終えた。鈴木は1分46秒797で9番手タイムだった。

 ポールポジションを獲得したのは、1分44秒954を記録したダビド・アロンソ。2番手がダビド・ムニョス(BOE Motorsports)、3番手はコリン・ベイアー(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)というフロントロウの並びとなった。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
David Alonso CFMOTO Gaviota Aspar Team
80 CF MOTO 8

1'44.954

  151.712  
2 Spain David Munoz BOE Motorsports 64 KTM 7

+0.220

1'45.174

0.220 151.394  
3
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 8

+1.059

1'46.013

0.839 150.196  
前の記事 Moto3アメリカズ決勝|アロンソ独走で今シーズン2勝目。山中琉聖、表彰台争うもわずかに届かず4位
次の記事 Moto3スペイン決勝|山中琉聖、表彰台争うも一歩届かず2戦連続の4位。コリン・ベイアーが勝利

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本