予選レポート
Moto3 Le Mans

Moto3フランス予選|日本勢が全員Q2進出も上位ならず。ポールポジションはダビド・アロンソ

MotoGP第5戦フランスGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはダビド・アロンソだった。

David Alonso, CFMOTO Aspar Team

 ブガッティ・サーキットでMotoGP第5戦フランスGPの、Moto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはCFMOTO Gaviota Aspar Teamのダビド・アロンソだった。

 日本人ライダーが多数参戦しているMoto3クラスだが、今回は鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)が予選Q1からの出走。古里太陽(Honda Team Asia)、山中琉聖(MT Helmets - MSI)のふたりは予選Q2へ直接進出した。

 予選Q1からの参加となった鈴木は、Q2へ進出となるトップ4のタイムを目指してアタックを重ねていった。

 鈴木はまずまずのペースを見せるものの、わずかにQ2進出に届かない6番手でQ1後半に入った。その後鈴木は、ラスト1分のところで1分41秒694まで自己ベストを更新し3番手。Q2進出圏内に入った。

 最後に鈴木はライバルのタイム更新によって4番手タイムとなったが、それでもQ2進出を果たした。

 予選Q2では、コリン・ベイアー(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)が1分40秒793の暫定トップタイムをセッション前半で記録する中、日本勢は上位に食い込めない状態だった。山中がひとり気を吐くが、8番手に留まった。

 Q2後半のアタックでも日本勢が上位に食い込むことはできないまま、ポールポジションは1分40秒114をマークしたダビド・アロンソが獲得した。

 日本勢は最終的に山中が10番手、鈴木が14番手、古里が18番手で予選を終えた。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
David Alonso CFMOTO Gaviota Aspar Team
80 CF MOTO 7

1'40.114

  159.729  
2 Spain Daniel Holgado Red Bull GASGAS Tech3 96 GASGAS 7

+0.011

1'40.125

0.011 159.712  
3
Jose Antonio KTM
99 KTM 7

+0.312

1'40.426

0.301 159.233  
4 Mexico Adrian Fernandez Leopard Racing 31 Honda 6

+0.663

1'40.777

0.351 158.679  
5
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 7

 

     
6
Ivan Ortola MT Helmets - MSI
48 KTM 7

+0.746

1'40.860

0.083 158.548  

 

前の記事 Moto3スペイン決勝|山中琉聖、表彰台争うも一歩届かず2戦連続の4位。コリン・ベイアーが勝利
次の記事 Moto3フランス決勝|ダビド・アロンソ終盤に一閃、今季3勝目でランク首位接近。山中琉聖が上位争い7位

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本