予選レポート
Moto3 Barcelona

Moto3カタルニア予選|古里太陽&山中琉聖がグリッド2列目を確保! イヴァン・オルトラがポール獲得

MotoGP第6戦カタルニアGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはMT Helmets - MSIのイヴァン・オルトラだった。

Taiyo Furusato, Honda Team Asia

 Moto3カタルニアGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、イヴァン・オルトラ(MT Helmets - MSI)だった。

 Moto3クラスに参戦する日本人ライダーの予選Q1とQ2の振り分けは、鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)がQ1スタートに。古里太陽(Honda Team Asia)と山中琉聖(MT Helmets - MSI)のふたりは予選Q2へ直接進出した。

 予選Q1で鈴木は残り3分の時点で1分48秒752の5番手。Q2進出圏内の上位4名には、わずかに届いていない状況だった。

 さらにライバル達がそこから自己ベストを更新してきたことで、鈴木は6番手タイムに押し下げられてしまった。

 ラストアタックで鈴木は暫定トップタイムを更新するペースを発揮したかと思われたが、セクター2以降での伸びが足りず。自己ベストを更新できないまま予選Q1を終え、最終的にQ1トップから約1秒差の7番手での敗退となった。

 予選Q2に直接進出を決めた日本人ライダー2名はともに序盤は好調な走り。山中は1分47秒724をマークして4番手、古里も1分47秒914で7番手とまずまずのタイムを記録していた。

 一方で暫定トップにはコリン・ベイアー(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)が1分47秒089で立ち、彼はさらにアタックを続けると唯一の46秒台となる1分46秒768をマーク。ライバルに大きな差を付けて予選終盤を迎えた。

 ラストアタックではこのベイアーのタイムを越えようとする渾身のアタックが繰り広げられ、イヴァン・オルトラが1分46秒749をマーク。0.019秒と僅かながらベイアーを上回ったオルトラが、ポールポジションを獲得した。2番手はベイアー、3番手はホセ・アントニオ・ルエダ(Red Bull KTM Ajo)だった。

 そして日本勢は古里も最後に自己ベストを縮め、4番手を確保。山中も5番手タイムとなり、2列目に日本人2名が並んだ。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
Ivan Ortola MT Helmets - MSI
48 KTM 5

1'46.749

  159.413  
2
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 6

+0.019

1'46.768

0.019 159.384  
3
Jose Antonio KTM
99 KTM 6

+0.262

1'47.011

0.243 159.022  
4 Japan 太陽 古里 Honda Team Asia 72 Honda 6

+0.388

1'47.137

0.126 158.835  
5 Japan Ryusei Yamanaka MT Helmets - MSI 6 KTM 6

+0.429

1'47.178

0.041 158.775  
6
David Alonso CFMOTO Gaviota Aspar Team
80 CF MOTO 6

 

     
前の記事 Moto3フランス決勝|ダビド・アロンソ終盤に一閃、今季3勝目でランク首位接近。山中琉聖が上位争い7位
次の記事 Moto3カタルニア決勝|アロンソ、絶妙な逃げ切り決め今季4勝目。日本勢は山中琉聖の11位が最上位

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本