予選レポート
Moto3 Mugello

Moto3オランダ予選|古里太陽、2番手でフロントロウを獲得! 山中も5番手で日本勢が上位に

MotoGP第8戦オランダGPのMoto3クラス予選が行なわれ、アンヘル・ピケラスがポールポジションを獲得した。

Taiyo Furusato, Honda Team Asia

 TTサーキット・アッセンでMotoGP第8戦オランダGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはLeopard Racingのアンヘル・ピケラスだった。

 3週間ぶりに開催されているMotoGPだが、Moto3クラスに参加する日本人ライダーは鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)が予選Q1となり、山中琉聖(MT Helmets - MSI)と古里太陽(Honda Team Asia)のふたりはQ2へ直接進出した。

 Q1からの出走となった鈴木だが、序盤からQ2進出圏内となるトップ4のタイムをマークした。しかし、セッションが折り返しとなる頃に、ターン9で転倒を喫してしまった。

 幸い怪我はなく、鈴木はピットへ帰還。Q1終盤に再びコースへ向かうことができた。ただ鈴木はその間に5番手とQ2進出圏外まで落とされてしまった。

 しかしQ1ラストのアタックで、鈴木は4番手となる1分40秒948をマーク。ギリギリでQ2進出を勝ち取った。

 日本人ライダーが全員出走した予選Q2は、古里が前半に速さを見せ、1分40秒322で4番手タイムとした。また鈴木も6番手タイムと上位につけた。

 Q2後半には山中が古里をわずかに上回るタイムで4番手に食い込み、セッションは終盤を迎えた。

 多くのライダーがタイムを更新したラストアタックの結果、最速タイムを記録してポールポジションを獲得したのはピケラスだった。そして2番手には0.074秒の僅差のタイムを叩き出した古里が続き、3番手はQ2途中にハイサイド転倒を喫したコリン・ベイアー(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)となった。ベイアーはQ2前半に記録したタイムでフロントロウを獲得している。

 残るふたりの日本人ライダーは山中が5番手タイム。また鈴木は12番手となった。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
Ángel Piqueras Leopard Racing
36 Honda 6

1'39.746

  163.928  
2 Japan 太陽 古里 Honda Team Asia 72 Honda 6

+0.074

1'39.820

0.074 163.806  
3
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 3

+0.309

1'40.055

0.235 163.422  
 

前の記事 Moto3イタリア決勝|山中琉聖が初表彰台獲得! アロンソがポールから逃げ切り3連勝
次の記事 Moto3オランダ決勝|イヴァン・オルトラ、最終ラップに大逆転優勝! 予選好調の古里は13位

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本