予選レポート
Moto3 Sachsenring

Moto3ドイツ予選|コリン・ベイアーがレコードタイムでポールポジション獲得。日本人ライダーは古里が8番手で最上位

MotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはコリン・ベイアーだった。

Collin Veijer, Liqui Moly Husqvarna Intact GP

Collin Veijer, Liqui Moly Husqvarna Intact GP

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 ザクセンリンクでMotoGP第9戦ドイツGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはコリン・ベイアー(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)だった。

 Moto3クラスには古里太陽(Honda Team Asia)、鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)、山中琉聖(MT Helmets - MSI)の3人が参戦しているが、ドイツGPでは順調な走りを見せ、この3人全員が予選Q2への直接進出を決めた。

 なお今シーズンのタイトルコンテンダーのひとり、ダニエル・オルガド(Red Bull GASGAS Tech3)はQ1スタートとなってしまった。

 とはいえ、オルガドはしっかりとQ1で2番手タイムをマーク。Q2へと駒を進めた。

 予選Q2の序盤のアタックが行なわれると、ダビド・アロンソ(CFMOTO Gaviota Aspar Team)が暫定トップとなる1分25秒456をマーク。日本勢は山中が1分25秒820で6番手、鈴木が1分25秒904の7番手、古里も9番手とトップ10以内に続いた。

 Q2残り3分というところで、古里が1分25秒488まで自己ベストを更新。これは暫定ながら4番手と上位に食い込むタイムだった。

 ただ終盤にはライバル達も次々とアタックでタイムを縮めたため、古里、そして残る2人の日本人ライダーのポジションも下がっていった。

 ラストのアタックでは、ベイアーが予選で唯一となる1分24秒台(24秒885)を記録。この新レコードタイムが決め手となり、ベイアーがポールポジションを獲得した。2番手はアロンソ、3番手はルカ・ルネッタ(SIC58 Squadra Corse)だ。

 日本人ライダーは古里が最上位の8番手、鈴木が9番手、そして山中が11番手という結果となった。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 7

1'24.885

  154.585  
2
David Alonso CFMOTO Gaviota Aspar Team
80 CF MOTO 6

+0.336

1'25.221

0.336 153.976  
3
Luca Lunetta SIC58 Squadra Corse
58 Honda 8

+0.337

1'25.222

0.001 153.974  
 

前の記事 Moto3オランダ決勝|イヴァン・オルトラ、最終ラップに大逆転優勝! 予選好調の古里は13位
次の記事 Moto3ドイツ決勝|古里太陽、堂々トップ争い演じ2位獲得! アロンソ今季6勝目でリード拡大

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本