F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

Moto3イギリス決勝:ラミレスが今季2勝目。鈴木竜生が5位入賞

シェア
コメント
Moto3イギリス決勝:ラミレスが今季2勝目。鈴木竜生が5位入賞
執筆:
2019/08/25 11:46

MotoGP第12戦イギリスGPMoto3クラスの決勝レースが行われ、マルコス・ラミレスが今季2勝目を挙げた。

 MotoGP第12戦イギリスGPのMoto3クラス決勝が行われ、Leopard Racingのマルコス・ラミレスが今季2勝目を挙げた。

 雨でレースが行えなかった昨年とは違い、好天に恵まれたイギリスGP。気温は28℃、路面温度36℃というコンディションのもと、全17周のMoto3決勝レースのスタート時刻を迎えた。

 ポールポジションスタートのトニー・アルボリーノ(VNE Snipers)が良いスタートを切り、ホールショットを奪った。一方で2番グリッドのロレンソ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)、3番グリッドのラウル・フェルナンデス(Sama Qatar Angel Nieto Team)は蹴り出しが悪く出遅れてしまった。

 4番手スタートの佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は堅実にスタートを切って4番手につけ、そこに小椋藍(Honda Team Asia)も続いた。

 ダラ・ポルタが早くもアルボリーノをかわしてトップに浮上し、そのまま先頭でオープニングラップを終えた。隊列はダラ・ポルタ、アルボリーノ、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、佐々木、小椋といった順だ。

 3番手のマクフィーは佐々木からプレッシャーをかけられるが、巧みなライン取りを見せ、佐々木はオーバーテイクできない状態が続いてしまった。

 3周目に入る頃には集団から6台が抜け出してきてトップグループを形成。その後方ではアロン・カネット(Sterilgarda Max Racing Team)とアルベルト・アレナス(Sama Qatar Angel Nieto Team)の2台が絡む転倒が発生。ターン13のイン側でアレナスが転倒したことで、そのアウト側を走っていたカネットが巻き込まれる形だった。アレナスはリタイアとなったが、カネットはポイント獲得を目指してレースを続けた。

 先頭集団では佐々木が6番手にポジションを下げる中、代わりに小椋が4番手に浮上。小椋はそのままマクフィーもかわし、3番手に浮上したかに思えた。しかしマクフィーが再び小椋をパスし、更に小椋がやり返す……という展開が続き、3番手争いは激しさを増した。

 7周目にはアルボリーノが先頭のダラ・ポルタにチャージをかけ始めた。そして8周目にはトップが入れ替わり、アルボリーノが隊列を引っ張った。

 先頭集団の最後尾ではジャウマ・マシア(Bester Capital Dubai)が接触も辞さない走りで激しくアタック。ポジションを徐々に上げ始めた。

 残り10周、小椋がしかけた。ターン16でインを突くとそのまま先頭に浮上。次周にはアルボリーノにポジションを奪い返されてしまったものの、一時的にトップを走った。

 残り6周のターン3でマシアが大きくコースオフ。一方その前方では5番手につけていたラミレスが小椋に仕掛けて4番手を奪っていった。

 アルボリーノは残り5周の段階でついにダラ・ポルタを捉えた。しかし、ここでラミレスも速さを見せて、ダラ・ポルタらとスリーワイドに。このバトルはラミレスに軍配が上がり、ラミレスがトップに躍り出た。

 先頭のラミレスとアルボリーノらは次の周でも激しくやり合い、アルボリーノが再び先頭に浮上。残り周回は3周だ。しかしラミレス、ダラ・ポルタは全く引かず、アルボリーノとの激しいバトルがファイナルラップまで続いた。

 最終ラップの2〜3コーナーでトップ3の差が詰まると、ラミレスが2番手に浮上。先頭を行くダラ・ポルタはターン8のブレーキングでワイドに膨らんでしまうミスを犯し、これでラミレスがトップに立った。ダラ・ポルタは、さらにアルボリーノにも先行を許してしまった。

 結局ラミレスは先頭を守りきり、トップでチェッカーを受けた。ラミレスにとっては、カタルニアGP以来、今季2勝目となった。

 2位はアルボリーノ。ダラ・ポルタのミスを見逃さず順位を上げた。3位はダラ・ポルタ。最終ラップでのミスが響いた。ただ、ランキング争いのライバルとなっているカネットが13位でレースを終えたことで、ポイント差が14にまで拡大した。

 日本勢は、中盤以降先頭グループに加わった鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が食らいつき、最終的に5位。そして佐々木は6位でフィニッシュした。

 ルーキーの小椋は先頭を伺う走りをするなど、存在感を示したが、後半はポジションを下げ10位でチェッカー。チームメイトの鳥羽海渡は20位、真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)は26位となった。

【リザルト】MotoGP第12戦イギリスGP Moto3クラス決勝

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain マルコス ラミレス 17 37'50.443     159.0 25
2 Italy トニー アルボリーノ 17 37'50.683 0.240 0.240 159.0 20
3 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 17 37'50.817 0.374 0.134 159.0 16
4 Italy ニッコロ アントネッリ 17 37'50.868 0.425 0.051 159.0 13
5 Japan 鈴木 竜生 17 37'50.938 0.495 0.070 159.0 11
6 Japan 佐々木 歩夢 17 37'51.259 0.816 0.321 158.9 10
次の記事
Moto3イギリス予選:アルボリーノが3度目のPP。佐々木歩夢4番手

前の記事

Moto3イギリス予選:アルボリーノが3度目のPP。佐々木歩夢4番手

次の記事

MotoGPコラム:気になる2020年の陣容……Moto2&Moto3日本人ライダーの去就は?

MotoGPコラム:気になる2020年の陣容……Moto2&Moto3日本人ライダーの去就は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Silverstone
執筆者 永安陽介