F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days

Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!

シェア
コメント
Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!
執筆:
2020/03/07 16:19

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMoto3クラスの予選が行われ、日本の鈴木竜生が、自身2度目となるポールポジションを獲得した。

 MotoGP2020年シーズン開幕戦カタールGPの、Moto3クラス予選がロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれた。今シーズン最初のポールポジションを獲得したのは、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)となった。

 今季は日本から新たに國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)の2名がデビュー。日本勢は計6名が参戦することになった。

 そのうち山中琉聖、鈴木、佐々木歩夢がQ1からの出走となり、Q2に直接進出を決めたのは鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)、小椋藍(Honda Team Asia)、鈴木竜生の3名だ。

 なお今季から佐々木と鳥羽は、昨年まで乗っていたホンダからKTM陣営へと移籍している。

 空が夕暮れ色に染まりつつある中、Q1がスタート。各ライダーが続々とコースインして行った。

 1度目のタイム計測では、鈴木が2分5秒276でトップタイムをマーク。ジェレミー・アルコバ(Kömmerling Gresini Moto3)、フィリップ・サラック(Rivacold Snipers Team)、佐々木と続いた。山中は11番手だ。

 Q1中盤はタイムがなかなか更新されない展開。そして残り4分を切るとピットに戻っていたライダーは2度目のアタックに向けて一斉にコースイン。鈴木の後ろに多くのライダーがついていく展開となった。山中も鈴木の後ろにつけてタイムアップを狙った。

 ラストアタックでタイムを伸ばしたのはガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)。2分5秒254でわずかながら鈴木のタイムを上回った。更にアルベルト・アレナス(Aspar Team Gaviota)もタイムを伸ばし、Q2圏内の4番手に付けた。

 そしてQ1は終了。鈴木は最後にアタックでタイムを上げることはなかったが、2番手でQ2に進出を決めた。ルーキーのアルコバも3番手でQ2進出だ。

 佐々木は6番手、山中は15番手でQ2進出はならなかった。

 続くQ2は、小椋と国井が連れ立ってコースイン。その他のライダーも一斉にコースへと向かった。

 セッション残り10分となる頃、最初のアタックが終わると2分4秒815を記録した鈴木がトップに。アレナス、ダリン・ビンダー(CIP Green Power)とトップ3が続いた。

 1度目のアタックで小椋は6番手、鳥羽は14番手、國井は16番手となった。

 そして鈴木やアレナスがピットに戻る中、鳥羽が一気に6番手タイムにまでポジションを上げた。

 残り6分、Honda Team Asiaの小椋と國井は再び連れ立ってコースイン。トラフィックの少ない状況でタイム計測を狙う動きを見せた。

 その他のライダーも残り3分を切るとコースイン。コース上ではアタックを行なった小椋が2分5秒065で4番手までタイムを上げた。

 鈴木は整備の遅れによってラストアタックに間に合うかどうかギリギリのタイミングでコースインしたが、わずかに時間が足らずアタックに入れないまま予選を終えた。

 しかしラストアタックではラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が2分4秒823と鈴木に迫るタイムで2番手にまで浮上したものの、鈴木を上回るライダーは現れなかった。

 結果鈴木は、2020年の開幕戦で自身2度目となるポールポジションを獲得した。2番手はフェルナンデス、3番手にはアレナスが並んだ。

 日本勢は小椋が5番手、鳥羽が12番手、國井が15番手となった。

【リザルト】MotoGP第1戦カタールGP Moto3クラス予選

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 鈴木 竜生 4 2'04.815     155.173
2 Spain ラウル フェルナンデス 5 2'04.823 0.008 0.008 155.163
3 Spain Albert Arenas 5 2'04.925 0.110 0.102 155.037
4 South Africa ダレン ビンダー 6 2'05.026 0.211 0.101 154.911
5 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 6 2'05.065 0.250 0.039 154.863
6 Spain ジャウマ マシア 6 2'05.086 0.271 0.021 154.837
7 Italy アンドレア ミーニョ 6 2'05.129 0.314 0.043 154.784
8 Turkey Deniz Öncü 5 2'05.176 0.361 0.047 154.726
9 United Kingdom ジョン マクフィー 6 2'05.242 0.427 0.066 154.644
10 Italy トニー アルボリーノ 6 2'05.327 0.512 0.085 154.539
次の記事
Moto2カタール予選:同タイムの決着、ロバーツが初PP獲得。長島は14番手に

前の記事

Moto2カタール予選:同タイムの決着、ロバーツが初PP獲得。長島は14番手に

次の記事

MotoGPアメリカズGPも危うい? オースティン市で大規模イベント禁止の動き

MotoGPアメリカズGPも危うい? オースティン市で大規模イベント禁止の動き
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Losail
ドライバー 鈴木 竜生
執筆者 永安陽介