F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

Moto3アンダルシア予選:鈴木竜生、3連続のPP獲得! 小椋2番手で日本勢ワンツー

シェア
コメント
Moto3アンダルシア予選:鈴木竜生、3連続のPP獲得! 小椋2番手で日本勢ワンツー
2020/07/25 11:35

MotoGP第3戦アンダルシアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、日本の鈴木竜生が開幕戦から3戦連続でポールポジションを獲得した。また2番手には小椋藍が続き、日本勢がワンツーの好結果となった。

 ヘレス・サーキットで行なわれているMotoGP第3戦アンダルシアGP。第2戦スペインGPから、同一サーキットでの2週連続開催である。そのMoto3クラス予選では、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が開幕戦から3戦連続となるポールポジションを獲得した。

 6名の日本人ライダーが参戦するMoto3クラスだが、アンダルシアGPでは小椋藍(Honda Team Asia)、鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)、鈴木が直接Q2への進出を決めた。Q1からのスタートは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)の3名だ。

 現地は先週と同じく好天に恵まれており、気温32度、路面温度51度というコンディションでQ1スタートの時刻を迎えた。

 最初のアタックではニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)、ステファノ・ネパ(Solunion Aspar Team Moto3)、ダリン・ビンダー(CIP Green Power)、リカルド・ロッシ(BOE Skull Rider Facile Energy)の4名がトップ4に並んだ。日本勢は國井が5番手でQ2進出圏内まで僅差の位置に続いた。

 その後ロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)が1分46秒899で2番手に食い込んだことで、國井は6番手にポジションを落とした。

 Q1のラストアタックでは多数のライダーがトップタイム更新のペースで走行。その中でも佐々木が抜き出た速さを示し、1分45秒990をマークしてトップに立った。また山中も1分46秒399で4番手に食い込んだ。

 そしてQ1が終了。佐々木がトップタイム、2番手以下カルロス・タターイ(Reale Avintia Moto3)、フィリップ・サラック(Rivacold Snipers Team)、山中の計4名がQ2へ駒を進めた。國井は5番手とQ2進出まであと僅かの位置でQ1を終えた。

 続くQ2は序盤に牽制によるスロー走行も見られたが、まずはラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が1分45秒893でトップタイムをマーク。ガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)、鳥羽、鈴木と続いた。

 その後フェルナンデス、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)がタイムを縮めたことで鳥羽と鈴木はポジションを落とした。

 ちょうどセッションの半分が経過した頃、小椋が1分45秒695でフェルナンデスを超えるタイムを記録。トップタイムとした。

 小椋は2度目のアタックでは早めにコースに戻り、単独アタックに入るが、タイムは中々更新できない状況が続いた。

 そしてラストアタックでは鈴木が各セクターを最速で繋ぎ、1分45秒410をマーク。小椋を上回るトップタイムだ。

 結局それを上回るライダーは出ず、鈴木がポールポジションを獲得。開幕戦から3戦連続のポールポジションとなった。2番手には小椋、3番手にはロドリゴが並び、日本勢がワンツーを占める結果となった。

 他日本勢は鳥羽が12番手、佐々木が16番手、山中が17番手に並んでいる。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 鈴木 竜生 6 1'45.410     151.055
2 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 7 1'45.695 0.285 0.285 150.648
3 Argentina カブリエル ロドリゴ 5 1'45.706 0.296 0.011 150.632
4 Spain ラウル フェルナンデス 6 1'45.893 0.483 0.187 150.366
5 Italy トニー アルボリーノ 6 1'45.917 0.507 0.024 150.332
6 Spain Albert Arenas 5 1'45.919 0.509 0.002 150.329
7 Spain Jeremy Alcoba 6 1'46.057 0.647 0.138 150.134
8 United Kingdom ジョン マクフィー 6 1'46.061 0.651 0.004 150.128
9 Italy Celestino Vietti Ramus 7 1'46.186 0.776 0.125 149.951
10 Spain ジャウマ マシア 6 1'46.258 0.848 0.072 149.850

Moto3スペイン決勝:小椋藍、追い上げレースで2位獲得。ポールスタートの鈴木は8位

前の記事

Moto3スペイン決勝:小椋藍、追い上げレースで2位獲得。ポールスタートの鈴木は8位

次の記事

Moto3アンダルシア決勝:鈴木竜生、完全勝利ポール・トゥ・ウィン! タイトル争いに名乗り

Moto3アンダルシア決勝:鈴木竜生、完全勝利ポール・トゥ・ウィン! タイトル争いに名乗り
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント アンダルシア