Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に

シェア
コメント
Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に
執筆:

MotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、デニス・フォッジアがキャリア初優勝を挙げた。

 ブルノ・サーキットでMotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、デニス・フォッジア(Leopard Racing)がキャリア初優勝を挙げた。

 日本勢の好調が目立つ軽量級クラス。予選の結果、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が3番手フロントロウ、さらにセカンドロウ4番手に小椋藍(Honda Team Asia)も続いた。

 その他日本勢は國井勇輝(Honda Team Asia)が10番手、16、17番手に鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)と山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)、28番手に佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)というグリッドで決勝レースを迎えた。

 18周の決勝レースがスタートすると、ポジションは大きく変動。7番グリッドのアルベルト・アレナス(Gaviota Aspar Team)が一気にトップに浮上してオープニングラップを終えた。2番手以下には鈴木と小椋、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)が続いた。

 先頭のアレナスは逃げようとするが、2周もすると2番手集団が追いついて大集団となり、5周を終える頃には2番手の鈴木がアレナスを追う形となった。

 レース3分の1となる6周目にはフォッジアが先頭を奪うも、トップが入れ替わってもペースは上がらず、集団は数珠つなぎのまま。フォッジアはペースこそ上がりきらないものの、ポジションを譲らないまま周回を消化していった。

 そしてレース折り返しとなる残り9周、5番手を走っていた鈴木がターン10で転倒。怪我こそ無いようだったが、チャンピオンシップ争いの面では大きな痛手となってしまった。

 この時点で先頭集団のオーダーはフォッジア、アルボリーノ、ジャウマ・マシア(Leopard Racing)。さらに後方から追い上げてきたジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が続く10台の集団だ。

 残り5周となっても、先頭はフォッジアがひたすら引っ張る展開が継続。集団内でこそ度々ポジションの入れ替えが起こるものの、なかなかトップが入れ替わらない状態が続いた。小椋は集団内の4番手で前を伺っていく。

 残り3周のターン1ではアルボリーノとアレナスに接触があり、アルボリーノは大きくポジションを落としてしまった。またターン11ではマシアが転倒を喫し、上位陣のオーダーが動くきっかけとなった。

 残り2周、3番手の小椋がアレナスを追い抜いて2番手に浮上。トップのフォッジアの背後につけた。小椋はターン10でついにトップに浮上。しかしフォッジアが返す刀でトップを奪還する。

 そしてラストラップ、フォッジアはターン10で一瞬アレナスに前を行かれるが、即座に反応しトップを堅守。そのままトップでチェッカーを受け、キャリア初優勝を挙げた。

 2番手にはアレナス、3番手には最後にアレナスにオーバーテイクを許してしまった小椋が続いた。この結果、ポイントリーダーのアレナスはギャップを広げ、小椋が18ポイント差のランキング2番手となった。

 他日本勢は鳥羽が10位、山中が17位、佐々木が20位。國井、鈴木の2名が転倒でレースを終えている。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Italy デニス フォッジア 18         25
2 Spain Albert Arenas 18 0.205       20
3 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 18 0.251       16
4 Italy ニッコロ アントネッリ 18 0.381       13
5 United Kingdom ジョン マクフィー 18 0.509       11
6 Spain ラウル フェルナンデス 18 0.808       10
7 Spain Jeremy Alcoba 18 0.889       9
8 Italy ロマーノ フェナティ 18 1.643       8
9 Italy トニー アルボリーノ 18 1.647       7
10 Italy Stefano Nepa 18 8.815       6

Moto3チェコ予選:鈴木竜生、好調維持の3番手。PPはフェルナンデスが初獲得

前の記事

Moto3チェコ予選:鈴木竜生、好調維持の3番手。PPはフェルナンデスが初獲得

次の記事

Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Brno
執筆者 永安陽介