F1
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
3 days
スーパーフォーミュラ

Moto3チェコ予選:鈴木竜生、好調維持の3番手。PPはフェルナンデスが初獲得

シェア
コメント
Moto3チェコ予選:鈴木竜生、好調維持の3番手。PPはフェルナンデスが初獲得
執筆:

MotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。また日本の鈴木竜生が3番手フロントロウに並んだ。

 ブルノ・サーキットでMotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。

 日本勢6名の参戦する小排気量クラス。今回は小椋藍(Honda Team Asia)、鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)、國井勇輝(Honda Team Asia)の5名が直接予選Q2進出。Q1からの出走は佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)のみとなった。

 予選Q1が始まるも、各ライダーは牽制しあう状態が続きコース上は大渋滞だ。

 そうした中、最初のアタックではダリン・ビンダー(CIP Green Power)が速さを見せトップに立った。一方佐々木のタイムは控えめで7番手に留まった。

 Q1中盤ではトニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)もタイムを2分9秒267まで縮め、トップタイムを更新した。その他は大人しい走りが続き、大きなタイム更新のないままQ1の残り時間はゼロになってしまった。

 ただチェッカー後の最後の計測でジャウマ・マシア(Leopard Racing)が自己ベストを更新し、3番手に浮上してセッションが終了した。これによりQ2進出はアルボリーノ、ビンダー、マシア、アンドレア・ミーニョ(SKY Racing Team VR46)の4名となった。佐々木は最後のタイム計測が間に合わず、14番手でQ1敗退となった。

 続くQ2が始まるもタイムを記録する前にジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)がターン9で転倒してしまった。マクフィーはピットへと戻るも、その後タイムを記録することはなかった。

 最初のアタックではラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)、鈴木、デニス・フォッジア(Leopard Racing)がトップ4に並んだ。

 Q2中盤では小椋が4番手タイムを記録して鈴木の後方に並んだ。

 残り2分頃、タイヤを履き替えた各ライダーが一斉にコースイン。ラストアタックへ向かった。

 しかしほぼすべてのライダーが時間切れで最後のアタックを行なうことができずにセッションが終了。序盤にタイムを上げていたフェルナンデスが初のポールポジションを獲得した。

 以下フロントロウにはロドリゴと鈴木が並び、小椋が4番手に入った。

 他の日本勢は國井が10番手、鳥羽が16番手、山中が17番手となった。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain ラウル フェルナンデス 5 2'08.372     151.519
2 Argentina カブリエル ロドリゴ 6 2'08.583 0.211 0.211 151.270
3 Japan 鈴木 竜生 4 2'08.708 0.336 0.125 151.123
4 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 6 2'08.773 0.401 0.065 151.047
5 Italy デニス フォッジア 5 2'08.801 0.429 0.028 151.014
6 Spain Jeremy Alcoba 5 2'08.864 0.492 0.063 150.940
7 Spain Albert Arenas 5 2'08.969 0.597 0.105 150.817
8 Italy トニー アルボリーノ 5 2'09.061 0.689 0.092 150.710
9 Italy ロマーノ フェナティ 6 2'09.205 0.833 0.144 150.542
10 Japan Yuki Kunii 6 2'09.414 1.042 0.209 150.299

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

前の記事

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

次の記事

Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に

Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
執筆者 永安陽介