Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

シェア
コメント
Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手となった。

 MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、Red Bull KTM Ajoのラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。

 日本人ライダーが6名参戦するMoto3クラス。今回の予選組分けはQ2直接進出組みに小椋藍(Honda Team Asia)、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)の3名。Q1からのスタートには山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)、佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、國井勇輝(Honda Team Asia)の3名という形に分かれた。

 この日は天候の悪化が心配されていたが、曇っているもののドライコンディションで予選が開始された。

 Q1序盤のアタックではセルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)が1分37秒672でトップに立ち、その後中盤になって山中が1分37秒502をマークしてトップタイムを更新し、セッションは折り返しを迎えた。

 残り1分を切った最後のアタックでタイムシートに大きな動きがあり、ジェレミー・アルコバ(Kömmerling Gresini Moto3)、ステファノ・ネパ(Valresa Aspar Team)、ガルシアと次々と山中のタイムを上回っていったことで、山中は4番手に蹴落とされた。

 そしてチェッカー後の最後の計測では、リカルド・ロッシ(BOE Skull Rider Facile Energy)、佐々木が自己ベストを更新。ロッシがトップタイムとなり、佐々木、アルコバ、オンジュの4名がQ2へ進出を決めた。

 山中は最後のアタックでタイムを伸ばすことができず、7番手でQ1敗退となった。

 続くQ2が始まるとQ1から上がってきたオンジュが1分36秒756と好タイムをマーク。ただ、トップタイムはその後ろからアタックしていたセレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)が1分376秒462で塗り替えていった。

 そこにオンジュ、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)の2名が続いた。

 その後もタイム更新は散発的に続き、ラウル・フェルナンデス、ガブリエル・ロドリゴ(Kömmerling Gresini Moto3)が2番手と3番手にポジションを挙げた。

 セッション終盤のアタックではアルベルト・アレナス(Valresa Aspar Team)が1分36秒288とトップタイムを更新し、鈴木も3番手で続いた。

 ただ最終アタックではそれ以上にタイムが動き、フェルナンデスが1分36秒277でトップへ躍り出ると、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)も3番手に浮上した。

 そしてセッションが終了。ポールポジションはフェルナンデス、2番手にはアレナス、3番手にはマクフィーが並んだ。

 日本勢は鈴木が6番手、小椋が13番手、佐々木が16番手、鳥羽が17番手となった。なお鳥羽は最後のラップでハイサイド転倒を喫してしまった。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain ラウル フェルナンデス 7 1'36.277     161.758
2 Spain Albert Arenas 8 1'36.288 0.011 0.011 161.739
3 United Kingdom ジョン マクフィー 7 1'36.306 0.029 0.018 161.709
4 Spain ジャウマ マシア 8 1'36.371 0.094 0.065 161.600
5 Italy Celestino Vietti Ramus 8 1'36.462 0.185 0.091 161.448
6 Japan 鈴木 竜生 8 1'36.495 0.218 0.033 161.392
7 Argentina カブリエル ロドリゴ 7 1'36.571 0.294 0.076 161.265
8 Italy トニー アルボリーノ 7 1'36.644 0.367 0.073 161.143
9 Italy Riccardo Rossi 8 1'36.730 0.453 0.086 161.000
10 Turkey Deniz Öncü 6 1'36.756 0.479 0.026 160.957

Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に

前の記事

Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に

次の記事

Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Spielberg