F1
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
15
:
52
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
04 時間
:
15
:
52

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

シェア
コメント
Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

MotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ガブリエル・ロドリゴが、ポールポジションを獲得した。

 MotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス予選がレッドブルリンクで行なわれ、ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)がトップタイムを記録し、ポールポジションを獲得した。

 6人の日本人ライダーが参加するMoto3クラス。今戦の予選組分けは直接のQ2進出に鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、小椋藍(Honda Team Asia)、鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)の3名。Q1からのスタートは佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)の3人だ。

 コースコンディションは夏らしい暑さで、気温30℃、路面温度50℃というQ1セッションが開始された。

 最初のアタックではジャウマ・マシア(Leopard Racing)が1分36秒921でトップにつけ、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)、佐々木、ダリン・ビンダー(CIP Green Power)がそこに続いた。

 セッション中盤にはアンドレア・ミーニョ(SKY Racing Team VR46)とマキシミリアン・コフラー(CIP Green Power)が接触し転倒するシーンもあり、この件について審議が行なわれることとなった。

 Q1残り3分を切ると、ようやくライダーがコースイン。しかし位置取りの牽制が目立ち、ピットロードから渋滞が続いた。

 タイムは非常に激しく入れ替わり、マシア、アントネッリ、デニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech 3)とビンダーがQ2圏内の4番手に入った。佐々木は5番手までポジションを上げたが、Q2進出は逃した。

 なおマシアは最終アタックのターン6で転倒があり、マシンを損傷。なんとか自走でピットへと戻ったが、途中オイル漏れが発生してしまった。その影響か、ターン9では転倒するライダーも現れてしまった。

 結果的にこのアクシデントでオイル処理とコース清掃が入り、Q2開始はディレイとなった。

 最終的にコース清掃で30分ほどのディレイを経てセッション再開となり、ポールポジションを決するQ2が開始された。なおマシアはQ1トップタイムだったが審議の結果、無責任なライディングと認定されQ2への参加が停止された。

 Q2が開始されると、各ライダーがコースイン。コースコンディションを確認し、一旦ピットに戻った。そのため、最初にタイムが記録されたのは残り9分を切ってからだった。

 最初のアタックではガブリエル・ロドリゴが1分37秒015でトップタイムとし、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、小椋というトップの並びとなった。

 コースの安全を確認した各ライダーは連続アタックに入り、毎周タイムシートが大きく入れ替わっていった。

 最終アタック前の段階ではロドリゴ、スズキ、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)がトップ3となり、小椋も5番手に続いた。

 残り1分、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)が1分36秒645でトップタイムを更新。ただチェッカー後の計測でもタイム更新が続き、ロドリゴが1分36秒470でトップに立ち、セッションが終了となった。

 2番手にはフェルナンデス、そして3番手にはラストアタックでタイムを縮めた鈴木が並んだ。他日本勢は小椋が8番手、鳥羽が17番手となった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Argentina カブリエル ロドリゴ 7 1'36.470     161.434
2 Spain ラウル フェルナンデス 6 1'36.482 0.012 0.012 161.414
3 Japan 鈴木 竜生 6 1'36.534 0.064 0.052 161.327
4 Italy トニー アルボリーノ 7 1'36.575 0.105 0.041 161.259
5 Italy Celestino Vietti Ramus 6 1'36.645 0.175 0.070 161.142
6 United Kingdom ジョン マクフィー 7 1'36.812 0.342 0.167 160.864
7 Italy デニス フォッジア 5 1'36.965 0.495 0.153 160.610
8 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 7 1'37.029 0.559 0.064 160.504
9 Spain Albert Arenas 6 1'37.072 0.602 0.043 160.433
10 South Africa ダレン ビンダー 6 1'37.139 0.669 0.067 160.322

Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

前の記事

Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

次の記事

Moto3スティリア決勝:小椋藍、今季4度目の表彰台獲得。ビエッティが初優勝

Moto3スティリア決勝:小椋藍、今季4度目の表彰台獲得。ビエッティが初優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Spielberg II