F1
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
47
:
38
MotoGP
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
スーパーGT
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
26 9月
次のセッションまで……
03 時間
:
47
:
38

Moto3スティリア決勝:小椋藍、今季4度目の表彰台獲得。ビエッティが初優勝

シェア
コメント
Moto3スティリア決勝:小椋藍、今季4度目の表彰台獲得。ビエッティが初優勝
執筆:

MotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、セレスティーノ・ビエッティが初優勝を果たした。

 レッドブルリンクでMotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス決勝レースが行なわれ、SKY Racing Team VR46のセレスティーノ・ビエッティが初優勝を挙げた。

 前日の予選後、サーキットには雨が降り注いだが、決勝日になり天候はなんとか回復。曇り空ではあるがドライコンディションとなり、決勝レーススタート時には気温21℃、路面温度32℃という気象条件となった。

 今戦は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)が3番手フロントロウを獲得。前戦では惜しくも表彰台を逃した小椋藍(Honda Team Asia)は8番手スタートだ。

 23周のレースがスタートすると、ガブリエル・ロドリゴ(Kommerling Gresini Moto3)がポールポジションを活かして先行するが、絶好の蹴り出しを見せたトニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)によるオーバーテイクを許してしまう。

 1周目を終えるとアルボリーノ、ロドリゴ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、鈴木と予選上位のライダーがトップ集団を形作った。小椋も5番手でその集団を追い、2周目の段階で先頭集団へ加わった。

 その後、先頭集団はアルボリーノ、ロドリゴ、鈴木の3名が一時的に抜け出し始めたがその状況は長くは続かず、7周目には追い上げてきたジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)やダリン・ビンダー(CIP Green Power)も加わって12台の大集団になった。

 一方で鈴木は集団の中で10番手にまでポジションを落としてしまう。

 先頭争いはアルボリーノとロドリゴ、ビンダーらが度々ポジションを入れ替えながら進行。その裏では佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)が着実にオーバーテイクを繰り返し、5番手に浮上してレース折返しを迎えた。

 スリップストリームを使った争いがストレートごとに繰り広げられる展開が続くが、それでもアルボリーノは先頭を堅守。一方団子状態の2番手以下ではコーナー毎にポジションが入れ替わった。

 レースは残り7周。アルボリーノ、ビエッティ、佐々木、小椋という並びだ。

 残り6周、ターン1で佐々木とデニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech 3)が接触。チームメイト同士でクラッシュを喫し、揃ってリタイアという結果となってしまった。これはオンジュがオーバースピードでターン1に入ったことが原因。佐々木は表彰台のチャンスを失うこととなった。

 レースはアルボリーノ、小椋、ビエッティ、マクフィーの4人が先頭集団を形成して残り3周を迎えた。ただマクフィーは残り2周という段階で転倒。リタイアとなった。

 ビエッティはターン8で前に出ると、そのまま先頭のアルボリーノもパス。小椋はミスがあり、先頭2台から少し遅れた3番手でラストラップを迎えた。

 先頭2台はアルボリーノが最後まで前を伺っていたが、オーバーテイクは叶わず、ビエッティがトップでチェッカーを受け、初優勝を果たした。

 2位はアルボリーノ。3位にはポジションを守りきった小椋が入った。小椋は今季4度目の表彰台だ。

 他日本勢は鈴木が7位、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)が15位、國井勇輝(Honda Team Asia)が22位、鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)はクラッシュ後再スタートし24位でフィニッシュしている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
  Malaysia カイルール イダム パウイ 0          
1 Italy Celestino Vietti Ramus 23         25
2 Italy トニー アルボリーノ 23 0.410       20
3 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 23 0.938       16
4 Argentina カブリエル ロドリゴ 23 1.182       13
5 Spain Albert Arenas 23 1.380       11
6 South Africa ダレン ビンダー 23 1.440       10
7 Japan 鈴木 竜生 23 1.478       9
8 Spain ラウル フェルナンデス 23 4.265       8
9 Italy Stefano Nepa 23 6.937       7

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

前の記事

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

次の記事

Moto3サンマリノ予選:日本勢が1列目にふたり! 小椋藍が初PP獲得&鈴木3番手

Moto3サンマリノ予選:日本勢が1列目にふたり! 小椋藍が初PP獲得&鈴木3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Spielberg II
執筆者 永安陽介