Moto3シルバーストン:マルティンが今季7度目ポール。鈴木竜生6番手

シェア
コメント
Moto3シルバーストン:マルティンが今季7度目ポール。鈴木竜生6番手
2018/08/25 12:44

MotoGP第12戦イギリスGPのMoto3クラス予選は、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が今季7度目のポールを獲得した。

 シルバーストンサーキットで開催のMotoGP第12戦イギリスGP。Moto3クラス予選は、ホルヘ・マルティン(Del Conca Gresini Moto3)が今季7度目のポールポジションを獲得した。

 FP3はウエットからドライにコンディションが変わっていくという状況。予選は、路面にウエットパッチが残るものの、ほぼドライコンディションでスタートした。

 40分の予選セッション前半を終えた段階で、ファビオ・ディ・ギャナントニオ(Del Conca Gresini Moto3)が2分13秒574というタイムでトップに立った。

 各ライダーが早めにタイヤを交換しタイム更新を狙ったが、セッション後半から局地的に雨が落ち始めてしまった。

 すぐに雨は止み、残り時間5分ほどを切ってから各ライダーがスリックタイヤでコースイン。ラストアタックで各ライダーがタイムを伸ばし、オーダーは大きく入れ替わった。

 トップタイムをマークしたのはマルティン。今季7度目のポールポジション獲得となった。2番手はジャウメ・マシア(Bester Capital Dubai)、3番手はロレンツォ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)というフロントロウの顔ぶれとなった。

 ラストアタックで好ペースを見せていたポイントリーダーのマルコ・ベゼッキ(Redox PruestelGP)は転倒。11番手止まりとなり、ランキング2位のマルティンに大きなチャンスが訪れた形だ。

 日本人ライダートップは、マルティンの後ろについてタイムを伸ばした鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)の6番手。真崎一輝(RBA BOE Skull Rider)は16番手、佐々木歩夢(Petronas Sprinta Racing)は20番手、鳥羽海渡(Honda Team Asia)は26番手だった。

【リザルト】MotoGP第13戦イギリスGP:Moto3予選

次の Moto3 ニュース
MotoGPコラム:続々決まる来季ラインアップ。日本人ライダーの状況は?

前の記事

MotoGPコラム:続々決まる来季ラインアップ。日本人ライダーの状況は?

次の記事

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ

MotoGPイギリスGP:スケジュール変更甲斐なく、雨のためスタートディレイ
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント シルバーストン
記事タイプ 速報ニュース