いよいよ開幕、MotoGP日本グランプリ。前夜祭は現役&レジェンドの豪華ラインアップ

いよいよ開幕を迎えるMotoGPの日本GP。今年の前夜祭には現役ライダー18人とレジェンドライダーが登場予定である。

 いよいよ開幕するMotoGP第15戦日本GP。今年もMoto3、Moto2、MotoGPのいずれのクラスでも、熱い戦いが繰り広げられることが期待されている。

 10月15日(日)に行われる決勝レースに向け、ツインリンクもてぎでは、13日(金)と14日(土)の両日、「MotoGP前夜祭」を開催する。

 この前夜祭には、マルク・マルケスやダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンソやアンドレア・ドヴィツィオーゾなど、全6メーカー18人のライダーが登場。決勝に向けた意気込みを語る。

 さらにフランコ・ウンチーニ、ロリス・カピロッシ、そしてケビン・シュワンツらレジェンドライダーも登場。超豪華なラインアップで年に1度の祭典を盛り上げることになる。

 前夜祭は10月13日(金)と14日(土)の両日、16:00〜19:30のスケジュールで行われる。場所は中央エントランスのMotoステージ。当然、観戦券を持っていれば観覧は無料である。

 また日曜日の決勝終了後には、同じく中央エントランスのMotoステージで「アフターMotoGP」を開催。これには今季はMoto2クラスを戦い、来季MotoGP最高峰クラス昇格が決まっている中上貴晶が登場予定。決勝終了後も要チェックである。

 前夜祭登場ライダーのスケジュール等詳細は、ツインリンクもてぎのホームページ(http://www.twinring.jp/motogp/event/eve.html)まで。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース