アレックス・ロウズ、スミスの代役でMotoGPデビュー

シェア
コメント
アレックス・ロウズ、スミスの代役でMotoGPデビュー
Jamie Klein
執筆: Jamie Klein
2016/08/30 6:08

Tech3 Yamahaは、次の2レースで、負傷したブラッドリー・スミスの代役をアレックス・ロウズが務めると発表した。

Lin Jarvis, Yamaha Factory Racing Managing Director, Alex Lowes
Bradley Smith, Tech 3 Yamaha
Alex Lowes, Tech 3 Yamaha

 Monster Tech3 Yamahaのブラッドリー・スミスは、先週オッシャーズレーベン(ドイツ)で行われた8時間耐久レースのフリー走行でクラッシュし、右膝の靭帯を損傷した。

 当初は大腿骨の骨折も心配されたスミスは、少なくともmotoGPの次の2レース(シルバーストンとミサノ)の欠場を余儀なくされてしまった。

 スミスの代役は同じイギリス人のアレックス・ロウズが務める。ロウズはスーパーバイク選手権に参加するCrescent-run(ヤマハ)のレギュラーライダーで、今週末に母国のシルバーストンで行われるグランプリでMotoGPデビューを果たすことになる。

 ロウズは、ブルノ(チェコ)のレース前に行われたテストでポル・エスパルガロ(Monster Tech3 Yamaha)のバイクを走らせ、ヤマハの鈴鹿8耐連覇に貢献している。

 ブリティッシュスーパーバイク選手権のチャンピオンでもあるロウズは、ブルノのテストで15周の周回を重ねたが、16周目に1コーナーで転倒してしまった。

 

次の MotoGP ニュース
クラッチローがブルノでの初優勝を改めて振り返る

前の記事

クラッチローがブルノでの初優勝を改めて振り返る

次の記事

ブラッドリー・スミス、手術が必要との判断

ブラッドリー・スミス、手術が必要との判断
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
ドライバー Alex Lowes , ブラッドリー スミス
執筆者 Jamie Klein
記事タイプ 速報ニュース